by mavericks66

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

お気に入りブログ

day by day
『趣味が高じて…』  ~...
DRAGONPRESS2

最新のコメント

初めまして! コメントあ..
by mavericksracing at 08:11
はじめまして、昨日ハイラ..
by A4商店 at 21:37
どちらも素晴らしいホテル..
by mavericksracing at 08:26
一択なんて言ってすみませ..
by zzyzx at 23:27
先日は乙でした( ・ω・..
by zzyzx at 23:18
たくろく様>先ほどYah..
by mavericksracing at 10:57
制作者に確認しておきます..
by mavericksracing at 09:13
iPhoneからの署名が..
by たーな at 14:28
私も県内の峠から仙台ハイ..
by mavericksracing at 10:25
自分にとってもホームコー..
by hide at 22:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

カテゴリ

アメリカ旅行
Route 66 × 66 Pics
東北660選手権
お仕事
飛行機
クルマ遊び
サーキット
レース
過去の愛車
その他

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
カメラ

画像一覧

<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

東北660選手権 規則書UP

お待たせしました♪
東北660選手権の2012年版レギュレーション、先ほどコチラにアップしました。
Blog/Twitter/Facebookなど、告知にご協力いただければ幸いです。

昨年からの主な変更点をかいつまんで説明します。



①クラス名が変更
 旧エキスパート→1クラス
 新設したミドル→2クラス
 旧フレッシュマン→3クラス
 旧オートマチック→4クラス



②改造範囲の主な変更点
 ・1クラス(旧エキスパート)
  6点式以上のロールケージ/3インチ幅の4点式シートベルトが必須
  耐火スーツ/4輪用ヘルメットなどが必須
 
 ・2クラス(新設したミドル)
  以下の2パターンから選択制となります。
  (A)機械式LSD+ギヤ比の変更
  (B)機械式LSD+ハイグリップラジアル 
  ぶっちゃけ今シーズンはデータ取りです。
  タイム差があまりに大きければ変更もあり得ます。たぶん大丈夫だと思うけど。
  他にも以下の改造範囲が追加されます。
  フライホイールの変更や加工/点火方式の変更/スロットルボディの変更や加工

 ・3クラス(旧フレッシュマン)
  点火方式の変更が禁止

 ・4クラス(旧オートマチック)
  変更ナシ


③ロールケージについて
 全クラスともロールケージなしで参加できるのは、ドライバーが初参戦のシーズンを含め3シーズンまで。2011年からエントリーしている人は、2013年までがロールケージなしで参加できるという計算です。それ以降はクルマが変わろうが名前が変わろうが(笑)、6点式以上のロールケージを必須とします。
 ロールケージは自分の身を守るためだけじゃありません。接触した相手を加害者にしないためであり、サーキットなどの施設や運営しているスタッフに対する思いやりでもあります。東北660戦主権は車速の高いレーシングコースで行なう競技であり、1台だけで走るワケでもないんです。敷居の低さと安全性の軽視をはき違えないよう、よくお考え下さい。特にショップさんやメーカーさん、また公式競技を経験しているみなさんは、安全面でもエントラントの模範になっていただけることを望みます。


④いよいよシリーズ戦に
 今年は1戦ごとにポイントが付き、シリーズ賞もあります。
 ポールポジションやファステストラップにもポイントが付与!


⑤希望ゼッケンの受付
 コチラも本日からスタートです。
 規則書の下にメールフォームがあるので、そちらから申請して下さい。
  ※2011年に全戦エントリーした方が対象です。
  ※受付はメールのみ、番号は先着順となります。
  ※申し込んだ方にはメールで結果を通知します。
  ※以下をコピーし必要事項を記入のうえ送信して下さい。
  ・お名前:
  ・参加予定の車両:
  ・参加予定クラス:
  ・第1希望:
  ・第2希望:
  ・第3希望:
  ・番号の由来:



こんなところです。
あとは各自レギュレーションそご熟読して下さい。
ご質問は大会事務局(info@mavericks.jp)まで!




★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-31 10:43 | Comments(4)

BNSFは本当に長かった

今さらながらYouTubeにアップする方法が分かった(というか今まで調べたこともなかったんです)ので、2年前のアメリカ旅行で撮った動画を投稿♪



アメリカの物流を支えるマイル・トレイン。
2010年2月18日、アリゾナ州セリグマンの郊外にて。
先頭車両が通過してから最後尾まで、ほぼ4分もかかります(笑)。

コレでもかなり長く思えますが、機関車が前3両&後ろ3両なんてのもありました。
ちなみに道路と線路の間にはフェンスも何もありません。
さすが自己責任の国アメリカ(汗)。


上り坂では今にも止まりそうなスピードに落ちちゃいます。
つーか踏切でこんなのが来たらイヤだなぁ。

なおアメリカは基本的に踏切で一時停止しません。
日本と同じように停止すると追突されかねないのでご注意を。






★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-30 08:17 | アメリカ旅行 | Comments(2)

I-15の車窓 動画編

昨日のBlogに引き続き、いかにもアメリカらしい雄大な景色。

「L.A.中心部から2時間くらいのBarstowあたりまで行けば」なんて書きましたが、じつはミュージアムや駅舎の写真ばかりでそれっぽい写真がない。

と思ったらありました、コンデジで撮った動画だけど。



同行していた知人の練習を兼ねてハンドルを預け、助手席から1分ほど撮影。
何のひねりもない動画とはいえ、だだっ広い雰囲気が少しは伝わるかな?

I-15でラスベガスに向かう途中、20秒くらいに『EXIT 169 Hodge Road』って看板があるので、ヴィクタービルとバーストーの中間あたりっぽい。



さらに東へ。
ラスベガスはもう目の前です。

このあたりは舗装が悪く、手ブレ補正なしのコンデジでは苦しい。
と思いきや、YouTubeにスタビライズなんて機能があるんですね。
初めてアップロードしたんで知らんかった(汗)。



こないだ買ったHF G10、ようやく使い方を把握してきました。
次の旅ではカッコいい動画も撮りたいな〜。




★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-29 12:24 | アメリカ旅行 | Comments(4)

峠は峠でも

先日ある人との会話で、
「L.A.からどれくらい離れたら雄大な景色が見える?」
って話になりました。

雄大な景色といっても様々ですが、彼が言うのはいわゆる荒涼とした大地。

↓こんなの。
c0148812_18562491.jpg



自分の経験からいえば、ロサンゼルス近郊の大都市圏、通称グレーター・ロサンゼルス・エリアを離れるだけでまわりの景色はだいぶ様変わりします。


境目といえるのはCajon Pass(カホン峠)。
インターステートを使ってあっさり越えることもできるけど、どうせならRoute 66でもある下道で景色を楽しみながら越えるのがオススメです。



峠の途中にあるロードサイン。
白黒と異なるカラーのサインが上り車線・下り車線に並んでいるのは、3755kmという長さを誇るRoute 66でもおそらくココだけだったはず。
c0148812_18281667.jpg



上りでは古いクルマがオーバーヒートしていたり、下りはブレーキがフェードしたのか路肩に突っ込んでいるクルマも時おり見かけます。
1989年には峠を下ってきたサザン・パシフィック鉄道の貨物列車がブレーキの故障で減速できず、脱線して住宅街に突っ込むという事故もありました。
調べてみると、機関車が6両に貨車などが69両……。
マイル・トレインと呼ばれるだけあり、日本じゃ考えられない数ですね。



Cajon Passを下り、しばらく進むとBarstow(バーストー)の街が。
この街はラスベガスに向かうI-15、アリゾナとの州境へ向かうI-40の分岐点。
I-40に並行するナショナル・トレイルズ・ハイウェイがまさしくRoute 66です。
The Mother Road Museumやアウトレットモールなどもあり賑わっています。
c0148812_18455037.jpg




鉄道が好きな人にとっても見逃せない街。
文字どおり1マイルはありそうなBNSF鉄道が、引っ切りなしに通過していきます。
ロサンゼルス〜シカゴの運行は1日100本近く、コンテナは大半が2段積み(汗)。
c0148812_1857245.jpg




Route 66を進む場合、次の大きな街は州境のニードルス。
この先はガソリンスタンドやレストランも激減するので、補給はお早めに。




★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-28 19:14 | アメリカ旅行 | Comments(2)

Rent a car

アメリカ旅行の楽しみのひとつに、レンタカー選びがあります。
1ヶ月も一緒に旅をする相棒なだけに、値段だけで選んじゃ面白くない。
Route 66はアメリカの文化や歴史を作ったマザー・ロード、そこを走るにはやっぱりアメ車がイチバン似合うってモンでしょう♪



去年はマスタングのコンバーチブル。
少なくとも旅の前半はオープンを楽しめた。
テキサスの東部あたりからは気温が低く、あまり恩恵がなかったけど(汗)。
c0148812_11321075.jpg




一昨年はマスタングのクーペ。
“ソフトトップ=屋根を切られて窃盗”のイメージが強く抵抗があったんですが、このときの旅で妙な安心感というか自信がつきました(笑)。
c0148812_11341956.jpg




3人で行ったときはPTクルーザーを借りたっけ。
人数も荷物も多かったせいか、1名乗車のマスタングより燃費が悪かったなぁ。
そういやPTクルーザーに限定車で『ルート66』ってのがあるんですよね。
c0148812_1137293.jpg




某大手レンタカー会社に知人を介してリーズナブルなお値段を設定してもらうんですが、残念なことに最近はマスタングの取り扱いがなくなったんだとか。


そんなワケでクルマ選びに悩み中。。。
今回は完全なひとり旅なので、荷物が多く積める必要はない。
カタログの写真がかなり西海岸テイストだった、フィアット500なんてのもアリ?





★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-27 11:50 | アメリカ旅行 | Comments(2)

まずは登録だけでも

今年からこんなレースが始まるようです。
SCP10とNCP91の混走、東北シリーズは仙台/SUGO/もてぎで全6戦。

c0148812_13523983.jpg


車両規則はサラッと目を通した程度だけど……。
NCP91は車高調がオッケーになり、LSDもTRD縛りが外れてます。
SCP10はファイナル変更がOK、タイヤサイズも自由度が高まりました。


改造範囲が広がったことで“やったモン勝ち”になる危険性はありますが、レースカーとしての面白さは確実にアップしていますよね。

ライセンスも更新したことだし、スポットで構わないから出たいな〜。
どっちのクルマかすら決まってないけど、とりあえず車両未定で登録しとこっと。



★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-26 13:58 | レース | Comments(2)

車載もイケる?

数年ぶりにビデオカメラを購入。


c0148812_14225431.jpg

だいぶ前の話にはなりますが、デジタルビデオカメラをサーキットの車載用に使い、振動のせいかアッという間に壊れたことがあるんですよね〜。
それ以来、車載用は壊れても精神的ダメージの少ないコンデジに。


今回は目的が車載メインじゃないとはいえ、サーキットで使う機会も多いはず。
イマドキのは振動にも強くなっているんでしょうか?


前のは縁石でドカンと跳ね、着地した瞬間に砂嵐になりました(汗)。
それ以降も調子が悪く、ヒドいときはピットロードを走っただけで電源オフ。
ま、当時でも型遅れだったモノを安く買ったので、文句もいえませんけど。


サクッと遊びで撮ってみただけですが、画質はとてつもなくキレイ。
まずはどんな機能があるのかを把握し、基礎から勉強してみたいと思います♪


とりあえずムービー用の三脚は必須かな。。。



★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-25 14:38 | その他 | Comments(0)

7〜10日間のアメリカ旅行③

昨日に続き、1週間でRoute 66を走るプランの後編。
走るだけならもっと先まで行けると思うけど、それじゃ魅力は半減しちゃいます。
ロードサイドの景色や人との交流を楽しみつつ、のんびり走るのがオススメですね。



キングマンからさらに東へ。
Route66を走るバイカーと出会うことも多い区間です。
c0148812_8334617.jpg

ハックベリーやピーチスプリングスなど、街ともいえない小さな集落が所々に。
このあたりは古いままのRoute 66がもっとも長く(約120km!)現存している区間らしく、ちょっとしたタイムスリップ気分を味わえます。



次の街らしい街はセリグマン。
Route 66復活のきっかけを作った街としても有名です。
c0148812_8425246.jpg

人口500人ほどのスモールタウンですが、昼間は観光客も多く訪れます。
街の人に聞いた話では、毎日ラスベガスから日本人のツアーが来るそうで(汗)。
コレも映画『Cars』の影響なんでしょうか?



セリグマンにはモーテルもレストランもあります。
チェーン店とはひと味違う、アットホームな空気がたまりません。
c0148812_8472542.jpg

昨年はこの『Stage Coach 66 Motel』で4日ほどお世話になりました。
オーナーやスタッフのみなさん、そして街の人々、偶然セリグマンで会った旅行中の方々、このときの体験と嬉しさは永遠に忘れることができないと思います。



セリグマンを発ちさらに東へ。
人の気配は少なくなり、ゴーストタウンが続きます。
c0148812_859103.jpg

以前にも書いたツーガンズ、ツインアローズなどを通過。
ゴーストタウンは当然ながら道路の整備もおざなりだし、サソリやらガラガラヘビやら会いたくない生き物もフツーにいるので、くれぐれもご用心ください。



Route 66がメインなら、そのままアリゾナ東部のウインズローまで。
Eaglesの大ヒット曲『Take It Easy』で歌われた街角が観光名所になっています。
c0148812_95997.jpg

もしグランドキャニオンに行くのであれば、もっと手前のウィリアムズやフラッグスタッフあたりから北上するのがベストでしょう。
ただし、ウィリアムズあたりは標高が高く冬は雪も降るので天気予報を要チェック。



Route 66周辺に限らず、とにかくアリゾナは景色が雄大。
どこもかしこも気合いを入れて写真を撮りたくなっちゃいます。
c0148812_913318.jpg

1週間だとココらが最東端、帰りはインターステートでL.A.まで一直線。
10日ならニューメキシコとの州境まで足を伸ばすとか、グランドキャニオンやラスベガスをじっくり観光するとか、色々とアレンジできるはずです。




ボクも昨年、初めてRoute66をサンタモニカからシカゴまで往復しましたが、正直いって1回じゃとてもすべてのスポットをまわるのは不可能。
だからこそ何度も何度も足を運んでしまうんでしょうね。




★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-24 09:23 | アメリカ旅行 | Comments(0)

7〜10日間のアメリカ旅行②

昨日に引き続き、今回はRoute66を絡めた7〜10日のプランを。
一昨年のアメリカ旅行、同行者が帰国してからのルートとほぼ同じです。
ある意味Route66のイチバン“濃い”部分を堪能できる、といえるかもしれません。


出発はやはりサンタモニカから。
一般的にはRoute66の終着点だけど、L.A.から旅立つ人にとっては始まりの地。
c0148812_161486.jpg

当然ながら海を望めるのはココが最初で最後。
オーシャンアベニュー、サンタモニカブルバード、ハリウッドブルバード、サンセットブルバードなど名前を変えたRoute66を抜け、L.A.の都市圏から離れていきます。
サンバーナディーノ、ヴィクタービル、バーストゥと通過し、モハヴェ砂漠の荒涼とした風景に目を奪われつつ、目指すはアリゾナとの州境。



その途中、ニューベリースプリングスにはバグダッド・カフェが。
同名の映画が撮影されたカフェで、テーマ曲の『Calling You』が聞こえてきそう。
c0148812_16214539.jpg

料理も雰囲気もバツグン。
DVDのジャケットにもなっている給水塔はもうありませんが、お店の方も常連のお客さんたち(?)もめっちゃフレンドリーなので立ち寄らなきゃ損!
お店の前を走る、地平線まで続く一本道がまさしくRoute66。
交通量も少ないので、ロードサインを見つけたら写真を撮っておきたいですね。



延々と荒野が続き、ようやく州境の街ニードルズへ到着。
ココで一泊し身体を休めたら、翌日はRoute66最大の難関が待ち受けます。
c0148812_16334351.jpg

その難関、ブラックマウンテンの麓にある小さな街がオートマン。
西部劇そのまんまの街並みで、平日も観光客で大賑わい。
1910年代にゴールドラッシュで栄えた街らしく、飼われていたロバが過疎化とともに野生化し、その子孫たちがメインストリートを闊歩しています。
どのお店でもエサのニンジンが売ってるんですよね……商売が上手い(笑)。



オートマンを抜けると、険しいワインディングが待っています。
まともなガードレールもないので、景色に見とれすぎないよう注意です。
c0148812_1643322.jpg

ブラックマウンテンからの眺望は、カルチャーショックを受けるほどの絶景。
ボクも初めてココを訪れたときの感動がいまだに忘れられません。
下る途中にはこんなお店が。
1992年の映画『ユニバーサル・ソルジャー』で使用……というか大爆発させられ、モチロン現在はキレイに再建されています。



ブラックマウンテンを過ぎ、次に訪れる街はキングマン。
ラスベガスへのアクセスも良好なので、ついでに立ち寄るのもアリですね。
c0148812_16545296.jpg

一昨年の夏ごろだったかな?
キングマンの名前が日本のニュースで流れたことがありました。
刑務所から殺人罪で服役していた囚人が3人も脱獄し、おまけに武器を持って逃走中という、嬉しくも何ともない物騒なニュースでしたけど(汗)。
話は変わってコチラの給水塔、有名なだけあって画になりますね〜。



キングマンも見どころがいっぱい。
なかでもビジターセンター、通称『パワーハウス』は必見です。
c0148812_1752745.jpg

その向かいにあるのが、上の『Mr. D'z Route 66 Diner』
料理は美味いしおねーちゃんは可愛くて愛想もイイ!
口コミのサイトなんかを見てみると、日本人もけっこう足を運んでいるようですね。
ココのハンバーガーは昨年の旅行で1、2を争うほどの味でしたよ。



このへんで3泊目。
ボクは今年も似たような行程になりそう。
とにかくアリゾナの中西部は見どころだらけなので、駆け足ではなく気に入った土地はじっくり落ち着いて味わいたいモンです。


続きはまた明日ににでも〜。



★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-23 17:21 | アメリカ旅行 | Comments(2)

7〜10日間のアメリカ旅行①

ようやくオートサロン関連の仕事が完了。
コレで明日からは東北660選手権の規則書に没頭できます。


昨日の話ですが、以前レースで知り合った方から連絡が。
来月に1週間くらいのスケジュールでアメリカへ遊びに行くらしく、レンタカーも借りたのでどこらへんを回るのがオススメかとのご質問でした。

前にそんな感じの原稿を書かせてもらったけど、確かソッチは2週間だったはず。
せっかくの機会なので改めて考えてみることにしましょう。


まずは定番中の定番ハリウッドから。
最初はベタすぎて興味がなかったものの、やっぱ一度は行ってみるべき。
まわりも国内外からやって来た観光客だらけなので、いいか悪いかは別として、ココにいると自分が日本人であることを意識させられない気がします。
c0148812_144979.jpg

あとはL.A.中心部にある博物館(マジでたくさんある)とか、少し山沿いでグリフィスパーク、海へ向かってロングビーチなんかも面白いかも。



L.A.から2時間ばかり南下すれば、メキシコとの国境に近いSan Diego 。
街並みがキレイで治安もよく、個人的にはココがとってもお気に入りです。
c0148812_1503696.jpg

港に鎮座するのは、かつて横須賀を母港としていた空母ミッドウェイ。
現在は退役して博物館になっています。
入口で渡される音声解説用のトランシーバーには、ちゃんと日本語もアリ。
近くには映画『TOP GUN』のロケで使われたKansas City Barbequeも。



L.A.から東に4〜5時間ほど走ればラスベガスに到着。
さすが世界一のエンターテイメントシティ、ギャンブルをしない人でも楽める。
c0148812_1510010.jpg

それにしてもココに行くたび、ボクは“下らないお土産”に手が伸びてしまう(笑)。
去年のは……夏ごろに1回だけウケ狙いで使ったなぁ。
それぞれのホテルでやっているショーも必見!



帰国が近くなったらL.A.に戻り、サンタモニカへ。
ココはRoute66の西側の起点でもあります。
c0148812_15161248.jpg

時間帯はやっぱり夕方がイイかな〜。
夕陽で西の空が真っ赤に染まると、反対側(東)の空はどんどん青く沈んでくる。
飲み食いにもお土産には困らないし、ストリートミュージシャンや大道芸人もたくさん、桟橋の上には小さいけど遊園地まであります。



夜のサンタモニカにはまた違った趣が。
Route66の写真集やL.A.のガイド本によく載っている看板です。
c0148812_1523781.jpg

こうして見るとキレイだけど、昼間はイマイチ感動が薄い(汗)。
一昨年はネオンが半分くらい消えていたっけ……。
有名な観光地なんだから、もちっとお金を使ってもバチは当たりませんよ?



メジャーなところが中心だとこんな感じかなぁ。
明日はRoute66を絡めたマニアックなプランを(笑)。


★★★660選手権などイベント情報はコチラ!★★★
[PR]
by mavericksracing | 2012-01-22 15:29 | アメリカ旅行 | Comments(0)