by mavericks66

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

お気に入りブログ

day by day
『趣味が高じて…』  ~...
DRAGONPRESS2

最新のコメント

初めまして! コメントあ..
by mavericksracing at 08:11
はじめまして、昨日ハイラ..
by A4商店 at 21:37
どちらも素晴らしいホテル..
by mavericksracing at 08:26
一択なんて言ってすみませ..
by zzyzx at 23:27
先日は乙でした( ・ω・..
by zzyzx at 23:18
たくろく様>先ほどYah..
by mavericksracing at 10:57
制作者に確認しておきます..
by mavericksracing at 09:13
iPhoneからの署名が..
by たーな at 14:28
私も県内の峠から仙台ハイ..
by mavericksracing at 10:25
自分にとってもホームコー..
by hide at 22:39

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

カテゴリ

アメリカ旅行
Route 66 × 66 Pics
東北660選手権
お仕事
飛行機
クルマ遊び
サーキット
レース
過去の愛車
その他

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
カメラ

画像一覧

<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Route 66の旅 23 Antelope Canyon

Route 66とはまったく関係ないスポットですが……。


本日は前からずっと行ってみたかった、アンテロープキャニオンに。
泊めていただいた知人宅を午前4時に出発し、ラスベガス経由で再びアリゾナへ。
つーか平日の朝5時とは思えない交通量とネオンサインの輝き(汗)。
c0148812_14385087.jpg




アメリカで2番目に大きな人造湖、レイクパウエル。
バス釣りなども盛んらしいですね。
c0148812_14401473.jpg




アンテロープキャニオンに入るには、ナバホ族のガイドの同行が必要です。
そのトラックなんですが……あえて何も語るまい(笑)。
c0148812_14423855.jpg




コレ!
風と水と砂岩が長い年月をかけて作った芸術。
こんな場所が地球上にあるなんて、ちょっと信じられない気分です。
c0148812_1445943.jpg




アンテロープキャニオンにはアッパーとロアーの2カ所があり、頭上の開口部から入ってくる太陽光により、こんな幻想的な色彩が作られます。
c0148812_14464491.jpg




彼はロアーのガイドくん。
ナゼかギターを抱えたまま狭い階段を降りていきます。
c0148812_14482726.jpg




ロアーはアッパーより狭いうえ、かなり急な下り勾配です。
1997年には、数10マイルも離れた場所で降った雨による鉄砲水がロアーに流れ込んで、11人の観光客が亡くなるという事故も起きています。
c0148812_14493013.jpg




狭くて細くて急な階段でもギターの音が鳴り止まない。
カンタンな日本語の単語を知っていることにもビックリ。
それだけ日本人の観光客が多いってことなんでしょうね〜。
c0148812_1452776.jpg




彼いわく「オオカミ」だそうです。
影になっている部分をじっと見て下さい。
確かにそれっぽいシルエットじゃないですか?
他には「クマ」「ワシ」「カネ(鐘)」なども。
c0148812_1454318.jpg




あまりの美しさに声が出ません。
んー、三脚を立ててじっくり撮ってみたい!
c0148812_14553582.jpg




アッパーとロアー、ツアーはそれぞれ1時間ほど。
1930年ごろに発見って、そんな昔の話じゃないんだなぁ。
c0148812_14583457.jpg




帰りはホースシューベンドにも寄り道。
ある意味グランドキャニオン以上の衝撃です、危険さも含めて。
ホントは川の全景を撮りたかったんだけど、怖くてコレ以上は近づけません。
崖っぷちまで匍匐前進している剛の者がいると思ったら日本人でした。
c0148812_1555137.jpg




いやー楽しかった。
明日はL.A.に戻る予定……ですが、起きたら気が変わるかもしれません(笑)。
[PR]
by mavericksracing | 2012-03-31 15:09 | アメリカ旅行 | Comments(2)

Route 66の旅 22 Entertainment City

お昼前にSeligmanを発ち、Kingman経由でLas Vegasへ。
知人のご厚意に甘え、ご自宅に宿泊させていただくことになりました。



ニューディール政策の象徴、フーバーダム付近の景色も素晴らしい。
貯水量は約400億トン、日本にあるすべてのダムを足しても約250億トン(汗)。
どんだけ凄いのか見てみたいし、時間があれば帰りに寄ってみようかな?
c0148812_1421521.jpg




Las Vegasの中心部から20分ほど走っただけで、こんなに閑静な住宅街が!
個人的には向かいの家に停まっている、イジったEF9とEF8が気になる(笑)。
c0148812_14261140.jpg




知人の外出に付き合い、市街地をサクッとドライブ。
どこか中心部のホテルに1泊するのもアリですね。
c0148812_1428080.jpg





明日は夜中に起きてアンテロープキャニオンなど絶景ツアー。
てなワケで早めに寝ま〜す。
[PR]
by mavericksracing | 2012-03-30 14:31 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Route 66の旅 21 Such a lovely place,such a lovely face

Seligman滞在も今日がラスト。

忘れもしない昨年の3月11日(コチラでは10日)、偶然に宿泊していたこの街で東日本震災のニュースを受け、モーテルのオーナーを始め街の人たちにさまざまな面で助けられて以来、Route 66でイチバン落ち着ける場所になりました。



人口わずか450人くらいの小さな街。
Route 66の復活のきっかけを作ったのがこの街でなければ、Route 66で見かけた他のスモールタウン同様に、ゴーストタウンと化していたのかもしれません。
c0148812_8225461.jpg




今は日本人も毎日のように訪れる観光地として、お土産を扱うギフトショップ/モーテル/レストラン/ガソリンスタンド/雑貨店などが立ち並んでいます。
c0148812_8282570.jpg




東京まで5775mile。
パリやロンドンとほぼ同じ距離なんですね。
c0148812_8331630.jpg




Seligmanの東はずれにて、さらに古いRoute 66の路面を発見。
もう通ることさえできませんが、こうした“歴史”を見つけるのが楽しい。
c0148812_8351491.jpg




コレは落書き……だよね?
廃道のDEAD END付近に書かれていました。
c0148812_8373163.jpg




かつてアメリカ物流の主役だったRoute 66と、現在もその一端を担うBNSFの競演。
Seligmanはメインストリートだけじゃなく、郊外にも味な風景が広がっています。
c0148812_8385472.jpg




使われなくなった石の橋梁に残るヒストリックマーカー。
インターステートを飛ばす旅では、決して見つけることができません。
c0148812_8421334.jpg




Seligmanのなかでもお気に入りは、やはりSTAGE COACH 66 MOTEL。
いつも親切で明るいオーナーやスタッフ、清潔で広い部屋、お手頃な料金、そして楽しく美味しいレストランとバーまで敷地内に併設……。
まさに「Such a lovely place,such a lovely face」です。
c0148812_8443747.jpg




アメリカならでは(?)の1枚。
もっともココらへんは治安もよさそうで、今日なんてクルマのエンジンをかけっぱなしでコンビニに入っていく地元っぽい人がいました。
いくら何でも不用心すぎる気も(汗)。
c0148812_8511743.jpg




中庭のベンチで太陽を浴び、iPodで音楽を聴きながらビール。
今度はSeligmanに長期滞在して、何もせずのんびり休養するのもイイなぁ。
c0148812_8543794.jpg






また必ず来ます!!
[PR]
by mavericksracing | 2012-03-29 09:03 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Route 66の旅⑳ Another Old Route

今日は南アリゾナ、州都Phoenixへ。
片道3時間かけてラーメンを食べに行くだけです(笑)。
お隣のTempeには日系のスーパーもあるらしく、ついでにそちらも偵察。


Williamsに寄ったのでFlagstaffまでI-40、そこからはI-17を使って南下。
途中にあるレストエリア『Sunset Point』は、自販機なども充実しており夕方なら西の山々に沈んでいく夕陽がとてもキレイに見えそうです。
c0148812_1018471.jpg




少し南に進むと、テーブル型の小山が出現。
名前は『Table Mesa』か……そのまんまじゃん。
c0148812_1026879.jpg




Black Canyon Cityあたりから背の高い柱サボテンを多く見かけるようになります。
去年は廃墟になったレストランで撮影できたんですが、その場所はロープが張られ立ち入り禁止になっていたので、路肩にクルマを停めて1枚だけ。
つーか交通量がけっこう多くて危ない(汗)。
Phoenixにあるという、『Desert Botanical Garden』でも行けばよかったかな?
c0148812_10243822.jpg




無事にラーメンにありつき、帰りはインターステートじゃなく近道を。



その途中で気になる看板を発見。
Route 66のおかげで、『OLD』とか『HISTORIC』の文字に反応しちゃいます。
こんなの見ちゃったら寄り道するしかないですよね〜。
OLD ROUTE 89……果たしてどんな歴史を作った道だったのか。
c0148812_10272922.jpg




この補修跡がなんともいえない味を出してます。
道は4〜5mileで終わっちゃったけど、ちょっと得した気分♪
時間があるときにでも、この道について調べてみるとしましょうか。
c0148812_1031331.jpg




現在のHwy 89とOLD ROUTE 89は平行しており、その東側にも盛り土された廃道みたいなモノを見つけたので、ヘビやサソリに注意しつつ草むらを踏み分けて奥へ。
これまた延々と一直線に続いています。
最初は堤防かと思ったものの、川なんてどこにもないし。
しばらく進んでから踏切の跡があったので、鉄道の廃線と判明しました。
あぁ、やっぱり寄り道して正解だった。。。
c0148812_10341943.jpg




明日でSeligman滞在も最後。
お土産でも買いがてらメインストリート、そしてお世話になっているSTAGE COACH 66 MOTELの写真を撮りつつ、この街の雰囲気を心に焼き付けようと思います。
[PR]
by mavericksracing | 2012-03-28 10:42 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Route 66の旅⑲ Grand Canyon

昨日は頑張って怠けた(?)ので、体力もイッキに回復。
そんなワケで人生初のグランドキャニオン観光に行ってきました。



グランドキャニオンまで直行する鉄道の駅を持つWilliamsがゲートシティ的な扱いを受けていますが、ボクの泊まっているSeligmanからもクルマでたった1時間半!
道もI-40を降りたら1本なのでナビも不要です。
c0148812_14191561.jpg




南ゲートで$25(チケットの有効期限は1週間)を払って入園。
イチバン近いビューポイントに行くと、いきなりこんな光景が飛び込んできます。
こりゃ年間の観光客数が400万人ってのも納得ですね。
c0148812_14232276.jpg





そのままリムをひたすら歩きます。
標高2000m以上なので、空気が薄くすぐ息切れしちゃう(汗)。
ちなみに今の時期、朝と夕方はメチャメチャ寒いので要注意。
c0148812_1446342.jpg




はるか下を流れるコロラド川。
この川がなければグランドキャニオンは形成されなかったはず。
もらった資料によると、コロラド川による浸食は約4000万年前に始まったとか。
c0148812_14292212.jpg




左端の崖っぷち、恐ろしいことに柵なんてありません。
歩道に「崖に近寄ると死ぬかもしれんぞ」って小さな看板がある程度。
素晴らしき自己責任の世界。
c0148812_1432289.jpg




歩くのに疲れたので、クルマで東へ向かって走ります。
リムドライブの途中にもビューポイントがあるので、ひとつひとつ停まって見学。
それにしても日本人の団体ツアーが多かったです(笑)。
c0148812_14353793.jpg




東ゲートの近くにあるウォッチタワー。
中には展望台やギフトショップがあり、渋滞ができるほど混んでました。
人ごみがキライなボクは早々に退散。。。
c0148812_14433972.jpg




先日Seligmanのバーで知り合ったデンマークから来た方が、飛行機に乗ってグランドキャニオンを上空から観光したと話しており、ムービーも見せてもらいました。
次に来るときはチャレンジしてみよっと。
c0148812_14483226.jpg




いや〜大満足。
日没まで景色に見とれ、Seligmanへ戻ります。
Route 66とは関係ないけど、コレは見なきゃ損ですよホント。
c0148812_1455401.jpg




STAGE COACH 66 MOTELに帰還。
I-40を降りると街灯のひとつもないRoute 66、真っ暗闇のなかに煌煌と輝くネオンサインを見つけると何となくホッとした気持ちになります。
c0148812_1551911.jpg




明日はSeligmanを出てカリフォルニアに戻る予定……をたったいま変更し、もう2日ほどココに滞在することにしました(笑)。
たぶんL.A.には3/31か4/1に到着すると思います♪
[PR]
by mavericksracing | 2012-03-27 15:11 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Route 66の旅⑱ Sleeping all day

寝た。
寝まくった。


アメリカに来てから移動に次ぐ移動でさすがに疲れたのか、今日は明け方から夕方までひたすら寝ては起きての繰り返し(笑)。


それにしてもココは居心地がイイ。
もう少し長居するのもアリかな。。。
c0148812_12413666.jpg




今日は風がとても強い。
出かけないで正解かもしれません。
c0148812_13440100.jpg




夕方まで寝て起きてを繰り返し、晩メシはシカゴで買ったカップラーメン。
こんな怠惰な生活も、たまにはイイですよね(笑)。
c0148812_1362575.jpg

[PR]
by mavericksracing | 2012-03-26 13:08 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Route 66の旅⑰ Homeward Bound

今日は朝イチで州境を越え、ボクの大好きなアリゾナへ。
インターステートを使って移動時間を短縮しつつ、往路で立ち寄らなかったポイントを数カ所だけ経由し、『STAGE COACH 66 MOTEL』へ急ぎます。



去年、とっても可愛いお子さんがいた『Meteor City Trading Post 』。
確か4歳といっていたから、1年でどれだけ成長したか楽しみにしていたんだけど、残念ながら本日はオーナー家族が不在とのこと。
写真はお店の外にある巨大なドリームキャッチャー。
ちなみにココも『Roadside Attractions』に指定されています。
c0148812_1429155.jpg




Winslowの手前から少しだけ北上。
個人的には本家にも負けていないと思う、リトルペインテッドデザートに到着!
日本人の旅行者では知っている人も少なさそうなスポットですが、昨年に初めてこの場所を訪れたときは身体が震えるほど感動したモンです。
コチラでお会いしたご夫婦、なんと息子さんが東京で英会話学校の先生をやっているそうで、何度か日本にも足を運んだことがあるとのこと。
「東京は人が多すぎて疲れたわ」とのこと……ごもっともで(汗)。
c0148812_14355758.jpg




帰ってきました、Seligmanの『STAGE COACH 66 MOTEL』に。
とりあえず3泊することを伝え、たまった洗濯物をまとめて片付け。
オーナーを始めスタッフのみなさんも親切な方ばかり、東日本震災という自分の人生でイチバン大きな出来事があったとき、ココで支えられたことを思い出します。
c0148812_14434024.jpg




今回はHarley-DavidsonのSPLルーム!
建物そのものは結構な年代物なんでしょうが、どの部屋も清潔で細かいところまで手入れが行き届いており、オーナーとスタッフの心遣いが感じられますね。
c0148812_1457162.jpg




夕方からBarへ繰り出し、地元のミュージシャンやアラスカから来たハンターたち、別のBarでバーテンダーをやっている女性、先週も会ったキューバ出身の女性らとRoute 66の話題、日本の話題で大いに盛り上がりました。
えー、酒はほとんどオゴってもらった気が(笑)。
写真はお気に入りの料理、マッシュルームのフライです。
c0148812_1532146.jpg




移動に次ぐ移動で少し疲れているっぽい。
明日はSeligmanで買い物をする程度にしておいて、体力の回復に専念かな。
ココで地元の人たちの会話に巻き込まれる(?)とイヤでも英語力、特にヒヤリングの能力が身に付いてくるのが分かります。
来年は長期滞在して英語の勉強、なんてのもアリですね。
c0148812_1584263.jpg

[PR]
by mavericksracing | 2012-03-25 15:17 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Route 66の旅⑯ Miyamura Dr.

またもWifiが重すぎるので画像は少なめで。

朝食は3/20に再オープンしたRoute 66の中間地点、Mid Point Cafeにて。
新たなオーナー夫妻、ウエイトレスのお姉さんの3人で頑張るとのことです。
去年の来訪時に親切にして下さった方々とお会いできなかったのは残念だけど、今度のスタッフも非常にフレンドリーで、とってもイイ雰囲気♪
オリジナルの調味料をタップリ買い込んじゃいました。
誰かに渡して何か作ってもらおう(笑)。
c0148812_12474679.jpg




それからテキサスを抜けてニューメキシコ、Albuquerqueから進路を北へ。
目指すはSanta Fe、1937年まではコチラがRoute 66の正規ルートでした。
Santa Feの街並みはホントに美しい。
いささか観光地ナイズドされ過ぎた感はあるものの、プエブロ様式と呼ばれる先住民の伝統的な建造物が立ち並ぶ様は、一見の価値アリだと思います。
c0148812_12524029.jpg




Loretto Chapelにある、通称“奇跡の階段”。
支柱がない螺旋状の階段で、誰がどんな技術で作ったのか不明なんだとか。
教会なのに入場料があってギフトショップを併設しているのには閉口しましたが。
ま、施設の維持管理にだってお金はかかりますからね(汗)。
c0148812_1254919.jpg




Santa Feを2時間ほど堪能し、次の目標はGallup。
昨年は往復とも宿泊できなかった、El Rancho Hotelに泊まりたい!
かつて西部劇の映画スターたちが定宿にしていたという、歴史あるホテルです。
単にロビーの写真を撮りに来る観光客までいるほど。
c0148812_1332329.jpg




調度品も趣のあるモノばかり。
かなり古いタバコの自販機なんてのもありました。
各部屋には往年の映画スターたちの名前が付いており、ボクが泊まっている部屋は『Ida Lupino(アイダ・ルピノ)』という女優。
勉強不足で「誰?」なんて思っちゃったけど、部屋の写真を見たら凄まじい美人。
ありがたく泊まらせていただきます。m(_)m
c0148812_1381145.jpg




最後になりましたが、タイトルについて。
El Rancho Hotelに面している道路が、“Miyamura Dr.”って名前。

どちらの宮村さん?

この街は太平洋戦争中、日系人を強制収容することに反対したらしく、現在でも日系人が多く住んでいるとどこかのサイトで見た記憶があります。
そういった歴史の名残なんでしょうか。


明日はアリゾナ、Seligmanへ戻ります。
3〜4日は滞在したいなぁ。
[PR]
by mavericksracing | 2012-03-24 13:20 | アメリカ旅行 | Comments(2)

Route 66の旅⑮ Flat Tire

今日はミズーリ〜カンザス〜オクラホマ〜テキサスと大移動!
気合いを入れて早起きし、8時にはモーテルを出発……したところまでは快調だったのに、インターステートに乗って3分もしないうちに見覚えのある警告灯が。

またパンク〜!?

すぐレストエリアに入って確認するも、前回と同じく見た目の変化はナシ。
レンタカー会社にTELしたところ、「何か起きるまでそのままで、走れなくなったら電話くれ」という日本では考えられない回答が(笑)。
一応は「こないだも同じ状況で、翌朝になったら完全にアウトだった。だから早めに修理するなり代わりのクルマを手配するなりしてくれ」と言ってみたものの、「温度変化でセンサーが誤作動を起こしている可能性が」とか、珍回答しかもらえないので最寄りの営業所まで恐る恐る走ってみました。


そこのスタッフが近くのタイヤ屋を教えてくれ、「修理代はコチラで払うので」とご丁寧に電話まで入れてくれたおかげで、2時間の遅れながらリスタート。


ホントは寄りたかったミズーリのスポットもすべてパスし、まずは往路がほぼRoute 66を通過するだけで終わったカンザスへ。
今日は木曜だしGalenaのミュージアムも大丈夫……ナゼかCLOSED(涙)。
おまけにカンザス州に入ったあたりから雨模様と踏んだり蹴ったり。

泣く泣くあきらめ、Rivertonの『The Eisler Brothers Old Riverton Store』で買い物をし、Route 66を走ってオクラホマに。
c0148812_12255461.jpg




オクラホマではRoute 66と交わるCounty Road 137を進み、インターステートに合流してからはトイレ休憩を除きノンストップで、テキサスとの州境を目指します。
2時間の遅れを取り戻さなければ!



Oklahoma Cityを過ぎたあたりで雨が上がり、雲の切れ間からは太陽が。
Tulsaあたりは前が見えないほどの大豪雨でした(汗)。
c0148812_1229132.jpg




17時ころから青空に。
夕陽を追いかけながら進むので、サングラスは必須アイテムですね。
それにしてもインターステートは楽だけどつまらん。。。
c0148812_12291662.jpg




21時くらいに州境を越えてテキサス入り。
最初の街、Shamrockのモーテルにチェックインしました。
偶然にも往路で昼食を取った、『U-Drop Inn Cafe』の向かいです。
せっかくなのでライトアップされた建物を記念撮影。
c0148812_12353762.jpg




あー疲れた。
今夜は早く寝よっと。。。
[PR]
by mavericksracing | 2012-03-23 12:37 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Route 66の旅⑭ Skyscraper

本日朝にRoute 66東側の起点、Chicago中心部へ到達しました!
現在のところ、Route 66の始まりと呼ばれるポイントは3つあります。



ひとつはAdams St.とMichigan Ave.の交差点。
Route 66が現役だった頃、じつはココが始点だったことはありません。
かつての始点が東に向かう一方通行となってしまったので、便宜上ココに新しく設けられたにすぎない、というと感動が薄れちゃいそうですが(汗)。
c0148812_1155065.jpg

それにしても、Route 66が始まる場所にしてはあっさりしすぎ!
地元の人もまったく気にしている様子がなく、写真を撮っていると「ココに何かあるのか?」なんて聞かれちゃうほど。
声をかけ合うのはRoute 66目当ての観光客ばかり。



続いて先ほどの地点からひとつ南の交差点。
Jackson Blvd.とMichigan Ave.の交わるところが、1926〜1937年の始点です。
もっとも古いスタート地点だけに、記念碑か何かあると思いきや……。
c0148812_11121113.jpg

一切ナシ!
ちょっと寂しいなぁ。



最後は1937年からRoute 66が廃止される1985年までの始点。
最初の始点から東に向かって交差点をふたつ移動した、五大湖のひとつミシガン湖に面した交差点は、Route 66の始点としてもっとも長い歴史があります。
c0148812_11152487.jpg

これまた目印ゼロ!
アピールしまくりのサンタモニカと比べると、やけに素っ気ない。。。



この3つは10分も歩けばまわれるから、Chicagoへ行く機会があればぜひ。
アメリカは基本的にストリートの名前さえ分かっていれば、目的地を見つけることがカンタンなので、方向音痴な人でもどうにかなると思います(笑)。
c0148812_11183951.jpg




ミシガン湖のまわりはキレイに整備されており、市民の憩いの場になってます。
アメリカで3番目の人口を擁するChicagoと、世界6位の面積を誇るミシガン湖。
エサになる魚が豊富に生息しているせいか、鳥の数もハンパじゃなく多いです。
c0148812_11194583.jpg




Chicagoは“摩天楼の街”とも呼ばれています。
かつて世界一の高層ビルだったシアーズ・タワー(現在はウィリス・タワーに名称変更)を筆頭に、300mオーバーのビルが立ち並ぶ姿は壮観のひとこと。
c0148812_11244618.jpg




ダウンタウンをぶらぶら。
ホントは映画『アンタッチャブル』でお馴染みのユニオンステーションや、ウィリス・タワーまで歩くつもりだったけど、あまりの暑さにギブアップ。
だって27℃もあるんだモン、長ソデしか持ってないし。
去年も同じ時期に来たはず……こんなに暑かったっけ!?
c0148812_1128270.jpg




お昼すぎから西へ向かってスタート。
Al Caponeが根城とした街Ciceroを通過し、Jolietで威圧感ある建物を発見。
高い塀に張り巡らされた鉄条網、現在は使われていないようですが監獄です。
自分なりの『Roadside Attractions』をひとつ見つけた!
Wikipediaによると2002年に閉鎖され、『ブルースブラザーズ』や『プリズンブレイク』のロケでも使われたようですね。
c0148812_11311489.jpg




同じくJolietで見つけた、今では珍しい跳ね上げ式の橋。
タイミングよく船が通過中で、橋が上がっているところを撮影できました。
コレも自分の『Roadside Attractions』に追加です。
c0148812_11374525.jpg




Wilmingtonの『Launching Pad Drive-In』でGemini Giantを撮りがてらメシでも食べよう、と思ったら肝心のドライブインにはFor Saleの看板が(涙)。
ココもかよ!
c0148812_11514232.jpg




あとは割り切ってひたすら移動、移動、移動!
日が暮れる前にミズーリに入り、名前もよく分からん小さな街で宿泊します。

明日はカンザスを再訪し、オクラホマの真ん中くらいまで行けるかな?
[PR]
by mavericksracing | 2012-03-22 11:53 | アメリカ旅行 | Comments(0)