by mavericks66

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

お気に入りブログ

day by day
『趣味が高じて…』  ~...
DRAGONPRESS2

最新のコメント

初めまして! コメントあ..
by mavericksracing at 08:11
はじめまして、昨日ハイラ..
by A4商店 at 21:37
どちらも素晴らしいホテル..
by mavericksracing at 08:26
一択なんて言ってすみませ..
by zzyzx at 23:27
先日は乙でした( ・ω・..
by zzyzx at 23:18
たくろく様>先ほどYah..
by mavericksracing at 10:57
制作者に確認しておきます..
by mavericksracing at 09:13
iPhoneからの署名が..
by たーな at 14:28
私も県内の峠から仙台ハイ..
by mavericksracing at 10:25
自分にとってもホームコー..
by hide at 22:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

カテゴリ

アメリカ旅行
Route 66 × 66 Pics
東北660選手権
お仕事
飛行機
クルマ遊び
サーキット
レース
過去の愛車
その他

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
カメラ

画像一覧

<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Journey of Route 66 〜 20日目

Happy Easter!
今日は会う人みんなにこう声をかけられます。
日本じゃあまり馴染みがない移動祝日のイースター、調べてみたら明日(3月31日)は西方教会が定める復活祭なんですね(東方教会は5月5日)。


さて、今日はRoute 66の東半分でイチバン気になる街を訪問。
イリノイ州のPontiac、リビングストン郡の郡庁所在地でもある小さな街です。
初めて訪問したのは昨年の3月21日、雰囲気がとても気に入ってコチラでも「長期滞在してみたい街のひとつ」と話題にしていますね〜。

めちゃめちゃ楽しかったので画像を多めに(笑)。



c0148812_12313152.jpg

リビングストン郡の郡庁舎。
だいぶ古く見えるものの、現在もちゃんと使われています。
この周囲に博物館や飲食店が集まっており、街の中心といった感じでした。



c0148812_1231331.jpg

昨年も訪れた『Route 66 Association Hall of Fame & Museum』
スタッフのおじさま(失礼)が記念写真をサービス!
元々はファイヤーステーション、つまり消防署だったそうです。
メインストリートに面した壁には消防車用の大きなシャッターが3枚あり、ミュージアム内に飾ってある当時の写真などもじっくり拝見させていただきました。



c0148812_12294878.jpg

ミュージアム内部。
今日は週末のせいかスタッフが3〜4人おり、「日本から来ました、しかも2回目ですよ!」なんて話したところ、コッチが照れてしまうほどの歓迎ぶり。
ホント嬉しいねぇ、だから何度も来たくなっちゃう。



c0148812_12281482.jpg

隣の建物は前に予想したとおり元留置所。
鉄格子やトイレなどを残したまま、フォトギャラリーに仕上げています。
素晴らしい写真の数々を堪能させてもらいました♪



c0148812_12264037.jpg

窓の外に鳥の巣を発見!
ディスプレイのひとつで作り物かと思っていたら、足音に驚いたのか親鳥がもの凄い勢いで逃げていきました……ビックリさせたようで申し訳ない。。。



c0148812_12271447.jpg

ミュージアムの目玉は駐車場にも。
コチラのBlogに書いた、『MOBILE INFORMATION CENTER』なる車両。
このバスもミュージアム内に展示してあるVWバンも、Route 66とともに生きた故Bob Waldmire氏の愛車で、画家であった彼の作業場としても使われていました。



c0148812_12261729.jpg

中が見たい、中が見たいと念じていたところ……。
とってもフレンドリーなスタッフの方が鍵を持って再登場!
作業スペースに広々としたロフト、シャワー兼サウナにトイレまで。
写真を全部アップして解説すると軽く2ページ作るレベルの労力になりそうなので、今回はとりあえず1枚だけでカンベンして下さい(笑)。



c0148812_12252010.jpg

おそらくボランティアだと思いますが、スタッフの方々は本当に親切です。
自分たちの暮らす街、そしてアメリカという国、Route 66に対する誇りがとても強く感じられ、ついつい先のスケジュールを忘れて話し込んじゃいました。
ボクの英語なんて中学生レベル以下だと思うけど、コミュニケーションを取りたいって意思さえあれば、言葉の壁なんてカンタンに乗り越えられると思いますよ。



c0148812_12245024.jpg

午後は彼の紹介で、近所にある『Pontiac Oakland Automobile Museum』へ。
クルマの話題で盛り上がっていたら、絶対ココに行くべきとアドバイス。
ココも感じがいいスタッフだらけ、展示も素晴らしいし言うことナシ。
PontiacにあるPontiac車のミュージアムってのがまた最高!



c0148812_1224298.jpg

自動車のミュージアムを出て街をブラブラしながら撮影していると、先ほどの彼がピッカピカの愛車ポンティアック・ファイヤーバードを駆って颯爽と登場!
年式を聞くのを忘れてしまいましたが、初代だから1967〜1969年か……。
クルマもオーナーもカッコよすぎ、こんなふうに年齢を重ねたいモンですね。
運転席に座らせてもらい、またまた写真を撮っていただきました。



それにしてもPontiacは本当に人の気質が穏やか。
建物の写真を撮っているところにクルマが通りかかると、わざわざ一時停止して撮影が終わるのを待ってくれるパターンが大半だし、ファイヤーバードの彼と交差点のど真ん中で立ち話(汗)していても、クラクションひとつ鳴らされません。
すべてが同じとはいえないでしょうが、大好きなアメリカの街に追加決定!

来年はココに何泊かして、のんびり過ごすのもアリかなぁ。
ミュージアムの裏手にこんな宿もあることだし。


必ずまた来ます!!
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-31 12:46 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Journey of Route 66 〜 19日目

朝からミズーリ州のRoute 66を走り、お昼すぎにSt.Louisへ。
ゲートウェイ・アーチの正面にある出店でフライドライスを買い、ミシシッピ川沿いのベンチに座って食べるのが毎年の恒例なんですが……。



c0148812_10464166.jpg

またも工事や一方通行に巻き込まれ、修羅の国ことEast St.Louis入り!
この橋を渡るとイリノイ州、今年は「もし入ってしまったらクルマを停めて1枚だけでも写真を撮ろう」なんて思っていたものの、やっぱムリです(汗)。
Route 66の沿線で間違いなくイチバン治安が悪い、というか全米トップクラスの犯罪都市……建物は廃墟だらけだし、道端にたむろっている人も“いかにも”って風体。



c0148812_10523780.jpg

幸か不幸か去年も同じルートだったので、帰り道はすぐに見つかりました。
ちなみに前のクルマ、名もなき修羅みたいなヤツが乗っていましたが、信号待ちの途中から車内で狂ったように踊り出してメッチャ焦った……。
もっとソレっぽい乗り物にしてくれ、例えばサイドカー付きのバギーとか。



c0148812_1056095.jpg

ミズーリ側のSt.Louisも決して治安がイイ街じゃありません。
しかしゲートウェイ・アーチ付近は有名な観光地だけあって、ヤバそうな雰囲気は一切ないどころか、夜でも女性がひとり歩きしているほど。



c0148812_10585721.jpg

イリノイに入ってからもRoute 66をのんびり。
Springfieldの郊外を流れるSugar Creekにて、木製の屋根がかかったカバード・ブリッジを歩いて渡りながら、プライベートツアーのガイドらしい若い女性と会話。
カメラが趣味らしく、ボクの5D2を見て「ソレ欲しい!」なんて言うから、「今は5D3の時代だぜベイベー」と返したら「Too,too,too expensive!!」だそうで(笑)。



c0148812_11102619.jpg

古い街並みが残るAtlanta。
Catoosaのクジラに負けないキモカワイさ、Bunyon Giantがそびえ立ちます。
そういや去年はこの直後、エラい事件(?)が起きたんだっけな〜。



c0148812_11135525.jpg

そう、お前だお前!
エラい勢いで大爆発してたじゃないか!!



予定どおりいけば、明日の夕方にはChicago着。
2泊するか1泊でアリゾナへ戻るか、残りの日数と相談しまーす♪
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-30 11:19 | アメリカ旅行 | Comments(2)

Journey of Route 66 〜 18日目

本日はオクラホマ〜カンザス〜ミズーリと移動。
寒波が過ぎ去ったせいか、先週のアリゾナやニューメキシコより暑いです。



c0148812_11224726.jpg

Catoosaでキモカワな青クジラを見物し、Claremoreにある13000丁もの銃が展示してある J.M. Davis Arms and Historical Museumへ。
時代/製造国/使用された戦争/メーカーなどに分けられ、日本製の銃だけを集めたコーナーもいくつかあるなど、予想を軽く覆す規模のミュージアムでした。
時間が許せばもう少しじっくり見学したかったな〜。



c0148812_1133457.jpg

そのままRoute 66を東へ。
Chelseaの郊外でこんな外見のアンティークショップを見かけ、一度は通り過ぎたにも関わらずUターンして寄り道しちゃいました。
高齢のご夫婦が経営しており、「孫が嘉手納にいるんだよ」と。
こんなお店に来ると見るモノが何もかも欲しくなってしまう。。。



c0148812_11393615.jpg

アンティークショップのすぐ東。
短いRoute 66の旧道があり、PRYOR CREEK BRIDGEという橋がかかっています。
1926年に作られた間もなく90歳にならんとするご老体ですが、いまだに地元の人たちにとっては生活に欠かせない橋であり続けているようです。



c0148812_11452116.jpg

古さならコッチも負けちゃいません。
Aftonの郊外には1922年に舗装された路面がそのまま残る、わずか30mほどの旧Route 66がサイドウォーク・ハイウェイという名で現存しています。
ちなみに1922年はRoute 66が制定される4年前、すでに現在のRoute 66にバイパスされているとはいえ、クルマで走ることができるのはメチャメチャ感激!



c0148812_11543894.jpg

州境を越えてカンザスに入ります。
Route 66は約20㎞しか通っていないものの、見どころはタップリ!
2年前にたまたまオーナー(?)と知り合い、内部を見学させてもらった私設スタジアム『フィールド・オブ・ドリームス』では子供たちが練習中。
私財を投じてこんな球場を作っちゃうんだから凄いよなぁ。



c0148812_11583948.jpg

カンザスを抜けたら次はミズーリ。
暗くなってきたのでLebanonの名物モーテルにチェックイン。
『Munger Moss Motel』に泊まるのは3回目、近くのお店なども覚えてます(笑)。



明日はSt.Louisなどを経由してイリノイ州まで。
去年みたいにEast St.Louisに入らないよう注意しなきゃ。
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-29 12:07 | アメリカ旅行 | Comments(2)

Journey of Route 66 〜 17日目

本日から少し移動のペースをUP。
帰りにL.A.近郊で2〜3泊するとなると、意外に余裕がない気がします(汗)。
目標は30〜31日にChicago到着かな?



c0148812_9255881.jpg

早朝に知人をAmarilloの空港へ送り、モーテルに戻って二度寝。。。
9時すぎに再出発し、Conwayではキャデラック・ランチを模倣したバグ・ランチ、Groomでは“BRITTEN U.S.A.”と書かれた給水塔と巨大な十字架、McLeenの古い街並みなどを撮影しつつ、テキサスの東はずれにあるShamrockを訪れます。


c0148812_93231100.jpg

1930年代に建てられたU DROP INN CAFE。
昨年はサンドウィッチなど軽食を提供してくれる家族経営のカフェが営業していたんですが、残念なことに閉店した模様で、中では工事関係と思われる人たちが何やら打ち合わせ中……改装して新しいお店ができるのかな。
一抹の寂しさを感じつつ州境を越え、オクラホマ州に突入。



c0148812_9471057.jpg

州境の街Texolaでは、たった1軒のBarが閉店。
Wikipediaによると2010年の人口は36人、そりゃ成り立つワケがないか……。
昨日のGlenrioのように、ココも数年後にはゴーストタウン化するんでしょうか。



c0148812_9542393.jpg

気を取り直してオクラホマのRoute 66を東へ。
メチャメチャ展示が充実しているとウワサのClintonの『Oklahoma Route 66 Museum』、3回目の訪問にしてようやく見学することができました!
一昨年は定休日で去年は展示エリアが工事中だったと話したら、スタッフの方々に「じゃあ今日は閉館時間まで楽しまなきゃ!」と(笑)。



c0148812_10154996.jpg

リニューアルしたばかりの展示エリア、ウワサに違わぬ充実ぶり。
すぐ近くのElk Cityにある国立のRoute 66ミュージアムにも負けていません。
帰り際にまたスタッフと話したところ、日本からのお客さんも増えているようです。



c0148812_10194995.jpg

ミュージアム巡りに続き、オクラホマのスモールタウン巡り。
映画『レインマン』のロケが行なわれたEl Reno、Dustin HoffmanとTom Cruiseが宿泊したモーテルがあるはずなんだけど、今回も発見にはいたらず。


明日はオクラホマ東部、約20㎞しかないカンザス、ミズーリ西部を走る予定。
現在地はTulsa郊外のモーテル、1本だけビールを飲んだら洗濯を始めます♪
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-28 10:30 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Journey of Route 66 〜 16日目

今回の旅もスケジュールの半分を消化。
そんな日に奇しくもRoute 66の中間地点を通過します。



c0148812_12511027.jpg

Tucumcariを出て東へ!
San Jonから未舗装のRoute 66を走行。
たまらないな〜、この空気感。。。



c0148812_12525062.jpg

ニューメキシコとテキサスの州境、Glenrioという名のゴーストタウン。
朽ちかけた廃屋が立ち並ぶなか、まだ人の住んでいる家が1軒だけありました。
どうもお騒がせしてスイマセン。



c0148812_12552677.jpg

Route 66の中間地点、ミッドポイントカフェ!
オーナーやスタッフは昨年と変わりないものの、本日は店内を改装中(?)らしくクローズドの札がかかっており、撮影だけを済ませて東へ進みます。



c0148812_1257353.jpg

Route 66でもっとも有名であろうランドマーク、キャデラック・ランチに到着!
とんでもない強風のせいで観光客は皆無、決していいコンディションではありませんでしたが、人の気配がないキャデラック・ランチは新鮮かも。



c0148812_1303483.jpg

宿泊はヘリウムガスの産出で知られるAmarillo。
ボクと同世代の日本人には、テリーマンの出身地といえば分かりやすい?
完食すれば無料という72オンスのステーキが有名なレストラン、『BIG TEXAN』で食事、そのまま隣のモーテルにチェックイン。
この巨大なハリボテ、ファラリスの雄牛に見えて仕方ない(笑)。



明日は早朝の5:00に同行している知人をAmarilloの空港に送り届け、そのままテキサス〜オクラホマ、時間が許せばカンザスまで長距離を移動します。
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-27 13:10 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Journey of Route 66 〜 15日目

間もなくRoute 66の中間地点。
今夜はニューメキシコ東部、Tucumcariの名物モーテルにチェックイン。
最盛期には“2000の部屋がある”と謳われた宿場町で、Route 66沿線には個性的なモーテルが立ち並び、今でも数多くの旅行者が立ち寄ります。



c0148812_1234374.jpg

一昨年と昨年は満室だったBlue Swallow Motel
到着が16時すぎだったせいか、なんとか部屋を確保できました。
Tucumcariで……いや、Route 66でイチバン有名であろうこのモーテル、現在のオーナーは2代目(?)になっていますが、とても明るく感じのイイご夫婦です。



c0148812_12433631.jpg

さて、ちょっと時間を遡りまして……。
朝イチで訪れたのは、Santa RosaのRoute 66 Auto Museum
クルマ好きじゃなくとも必見のミュージアム、しかも展示しているクルマは実際に動くモノがほとんどで、一部は購入することも可能なようです。



c0148812_12503148.jpg

お昼からはRoute 66を外れて南下。
アメリカ史に残るアウトロー、Billy the Kidが根城にした街であり、かつての親友によって悲劇的な最後を迎えた街、Fort Sumnerを再訪しました。
死してなお墓石ごと閉じ込められる……彼はどう思っているのでしょうか。



c0148812_12552585.jpg

Fort Sumnerの街外れで、ダイハツ・ハイゼットを発見!
もちろん右ハンドルだし、日本の車検ステッカーも貼ってあります。
そりゃアメリカに持ち込むのは可能でしょうが、手間とお金をかけて日本から軽トラを運んで使う理由をオーナーに聞いてみたいな〜。
ナンバーはないようだし、牧場の中だけで使ってるのかな?



明日はテキサスに入り、Amarilloまで移動します。
同行している知人とはそこでお別れ、再びひとり旅のスタートです。
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-26 13:04 | アメリカ旅行 | Comments(2)

Journey of Route 66 〜 14日目

西部劇のスターたちが愛したEl Rancho Hotelを出て、GrantsやLos Lunasといった街を経由しつつ、人口50万人を擁する都市Albuquerqueへ。



c0148812_12414697.jpg

昼食はいつも立ち寄る66 Dinerで。
インテリアからスタッフの制服まで1950年代のアメリカンダイナーを忠実に再現しており、ウエイトレスも可愛い子が揃っているのでお気に入りです(笑)。

今日までのウィークリースペシャルは……The Chuck Norris Burger。
チャック・ノリス????

最後まで意味は分かりませんでした、美味しかったからイイんですけどね。



c0148812_12491122.jpg

午後からはSanta Feを目指して北上。
写真は1851年に建設が始まったという聖フランシス大聖堂。



c0148812_1252047.jpg

続きましてはロレット・チャペル。
1873年に建設された、コレまた古い教会です。
もっともココが有名なのは、歴史の古さではなく……。



c0148812_1254561.jpg

この“奇跡の階段”だったりします。
支柱がないうえ鉄クギなども使っておらず、当時の技術では作ることが不可能だったといわれおり、おまけに誰が作ったのかも知られていないんだとか。



c0148812_12585240.jpg

暗くなる前にSanta Feを出て、Santa Rosaまで南下。
Route 66沿いのモーテルに入り、向かいのSILVER MOONで夕食です♪


明日はニューメキシコ東部のRoute 66を走ってTucumcariまで!
旅はもうすぐ2週間目、早くも折り返し地点です。
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-25 13:02 | アメリカ旅行 | Comments(2)

Journey of Route 66 〜 13日目

Stage Coach 66 Motelを出て東へ。
Chicagoからの帰りに改めて立ち寄りますが、ひとまずはお世話になりました!


アリゾナとニューメキシコのRoute 66は、インターステートに同化された区間が多いため、基本的にはI-40を走りつつ残された旧道をトレースすることになります。
目標はアリゾナ東部のHolbrook、もしくはニューメキシコに入ってGallup!
c0148812_13274235.jpg




まずはアリゾナ中部のスモールタウン&ゴーストタウン。
Ash Fork、Winona、Twin Arrows、Two Gunsと巡っていきます。
昨年は何かの工事をやっていたTwo Gunsですが、入口にチェーンが張られて進入禁止になっており、旧動物園跡のほうしか入ることができなくなったようです。
c0148812_1328737.jpg




続いて約5万年前に隕石が衝突したメテオ・クレーター。
毎年のように訪れますが、いつ見ても想像を絶するスケール!
日本語で解説されたパンフレットがあり、ミュージアムやギフトショップも充実しており、I-40の出口からクレーターまでの道路もなかなかイイ雰囲気です♪
c0148812_13314462.jpg




昼食はWinslowの名店『ファルコン・レストラン』にて。
お気に入りのフライドマッシュルームとハンバーガーをオーダー。
オープンが1955年だから、間もなく60年を迎えようろする老舗です。
c0148812_13375298.jpg




時間の都合でペトリファイド・フォレストとペインテッド・デザートは断念。
その代わりといっちゃアレですが、個人的には本家より気に入っているリトル・ペインテッド・デザートまで、Route 66から少し外れてクルマを走らせます。
去年まで“ROAD CLOSED”だったリムドライブが通行可になっていました。
c0148812_13395124.jpg




夕方には州境を過ぎ、ニューメキシコに到達。
予定どおりGallupの『エル・ランチョ・ホテル』に入り、中のレストランでまたまたまたまた分厚いステーキを堪能し、本日の全行程は終了です。
相変わらずカッコいいホテルだよな〜。
c0148812_13432195.jpg



明日はニューメキシコのRoute 66を走ります。
Grants、Albuquerque、Santa Feなど、ココらへんも魅力的な街だらけ!!
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-24 13:49 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Journey of Route 66 〜 12日目

本日はグランド・キャニオン観光!
昨年の旅で初めて訪れ、文字どおり“息を飲む”体験をしました。
壮大さを写真で上手に表現できないのがもどかしい……もっと勉強します。



c0148812_145127.jpg

一生に一度は見ておくべき、というのを痛感。
グランド・キャニオンの形成が始まったのは約7000年前。
大量絶滅が6550年前だから、恐竜の時代ってことになるんですね。



c0148812_1410263.jpg

ホント心が洗われる。
ずっと眺めていても飽きない風景です。
ただしガードレールもないところが大部分、ボクは崖っぷちに近寄れません(笑)。



c0148812_1412834.jpg

Williamsから北上する途中、プレーンズ・オブ・フェイムに寄り道。
昨年はたまたま定休日で、外から展示機を眺めるだけだったんだよな〜。
写真はダグラス・マッカーサー元帥の搭乗機、内部も案内してもらえました。



c0148812_1416572.jpg

なんとMIG-15じゃないか!
旧ソ連の戦闘機を見るチャンスはかなり貴重。
朝鮮戦争でアメリカのF-86と死闘を繰り広げた名機です。



c0148812_14174764.jpg

航空自衛隊のT-33まで置いてある!
格納庫には旧帝国海軍の艦爆、彗星のエンジンも飾ってありました。
余談ですが連合国軍でのコードネームは“Judy”だったらしいです。



c0148812_14215642.jpg

夜はSeligmanに戻り、The Roadkill Cafeでステーキ!
昨日と同じくBlack Cat Barに立ち寄ってからモーテルに帰還。
カウンターで隣に座っていた地元の人にテキーラをオゴってもらいました。
ホント感謝!!


明日はどこまで走ろうかな?
アリゾナとニューメキシコの境くらいを目指すとしましょうか。
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-23 14:29 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Journey of Route 66 〜 11日目

9時すぎにLas Vegasを発ち、再びアリゾナのRoute 66へ。
ボクの旅において最重要といえる目的地、SeligmanのStage Coach 66 Motelを目指し、途中のスモールタウンに立ち寄りつつクルマを走らせます。



c0148812_13432389.jpg

まずはKingmanのMr.D'z Dinerでハンバーガー。
50年代のアメリカンダイナーそのものって雰囲気が最高だし、食事も美味い!
そしてウエイトレスのおねーさんもキレイどころが多い(笑)。



c0148812_1346464.jpg

続いてはHackberry General Storeで停車。
メチャメチャ人懐っこい犬は健在でした。
このソファーは彼(彼女?)専用になってます。
シャッターを押すたび耳がピクッと動くのがまた可愛い♪



c0148812_13492496.jpg

そしてStage Coach 66 Motelに到着。
震災の日をココで過ごし、オーナーのLiseを始めスタッフの方々、さらに宿泊客のみなさんに励まされ、親切にしていただいたことは絶対に忘れられません。
Route 66の往復で必ず1週間は滞在しており、ボクのBlogを読んだ方も何人か宿泊したらしいですが、まだまだ恩返しできた気はしないなぁ。
あ、去年まで消えていたネオンサインの『L』が復活してる!



c0148812_13552429.jpg

「また来ちゃいました!」
「まだココに住んでたよ!」
日本語ペラペラの退役陸軍少佐とも1年ぶりに再会。
このネコは少佐が飼ってるのかな?
話しかけると必ず返事するし、少佐の部屋の前から動きません。



c0148812_1357391.jpg

夜はSeligmanのバーでテキーラ。
「この街のメインストリートわずか数百メートル」って規模だけど、2〜3のバーとレストランがあるうえ、地元の人がみんなフレンドリーで楽しい!
今日も隣に座っていたボブってオッチャンと「Nice to meet you!」と乾杯し、お手製(?)のホットチリをご馳走になりました。



明日は天候がよければグランドキャニオン観光、悪かったらKingman方面に戻りグランドキャニオン・ケイバーンという洞窟に潜ります。
ではでは、ほどよく酔っぱらったところでお休みなさい。m(_ _)m
[PR]
by mavericksracing | 2013-03-22 14:06 | アメリカ旅行 | Comments(2)