「ほっ」と。キャンペーン


 


by mavericks66

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

お気に入りブログ

day by day
『趣味が高じて…』  ~...
DRAGONPRESS2

最新のコメント

初めまして! コメントあ..
by mavericksracing at 08:11
はじめまして、昨日ハイラ..
by A4商店 at 21:37
どちらも素晴らしいホテル..
by mavericksracing at 08:26
一択なんて言ってすみませ..
by zzyzx at 23:27
先日は乙でした( ・ω・..
by zzyzx at 23:18
たくろく様>先ほどYah..
by mavericksracing at 10:57
制作者に確認しておきます..
by mavericksracing at 09:13
iPhoneからの署名が..
by たーな at 14:28
私も県内の峠から仙台ハイ..
by mavericksracing at 10:25
自分にとってもホームコー..
by hide at 22:39

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

カテゴリ

アメリカ旅行
Route 66 × 66 Pics
東北660選手権
お仕事
飛行機
クルマ遊び
サーキット
レース
過去の愛車
その他

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
クリエイター

画像一覧

<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

The first and last town

昨日のBlogに続いて、州境にあるゴーストタウンのネタを。
Texolaはオクラホマとテキサスの境でしたが、このGlenrioはテキサスとニューメキシコの境にある、訪れる人もなくI-40を走るクルマの音しか聞こえない町です。



c0148812_1021484.jpg

『The first and last town』

最初で最後の町。
そう呼ばれるGlenrioは両州の境界線(主な施設はニューメキシコ側だった?)にあり、テキサスとニューメキシコとの間でどちらに属するかモメたんだとか。
ニューメキシコの高いガソリン税率を回避するため、テキサス側にガスステーションを作るなど、州をまたいで建設された町ならではの逸話も。
結局テキサスに決まったらしいけど、『The first and last town』のキャッチフレーズからは、テキサスともニューメキシコとも解釈できます。
おそらく住人たちにも葛藤があったんじゃないのかな。



c0148812_10305786.jpg

そんな領土問題(?)もすでに昔話。
今は朽ちかけたモーテルや民家が残るだけ、Route 66が現役だった頃は大勢の旅行者が立ち寄り、鉄道も止まっていたという繁栄ぶりは想像すらできません。
映画『怒りの葡萄』の一部もGlenrioで撮影されたらしいですね。
去年はひとつだけ生活感のある家屋があったものの、人の姿はまったく見かけなかったので、もしかすると引っ越した直後だったのかも。



c0148812_1045124.jpg

町を西へ出るとRoute 66は未舗装路に変わります。
3,755㎞の全行程でも、州境を未舗装路で越えるのはココだけ。
道は細いし状態も決してよくはないけど、Route 66のファンならばゼヒ走ってもらいたい道路、交通量はほとんどゼロなので写真も撮りやすいです。



c0148812_10523024.jpg

未舗装路の途中にある小さな橋。
ココも紛れもなくRoute 66の一部、欄干から下を覗くと干上がった川が見えます。
『WEIGHT LIMIT 8 TONS』と記された看板に開いている小さな穴は、どこからどう見ても銃痕……アメリカじゃ珍しいことじゃありませんが。
日本でも山奥なら猟銃の散弾でボロボロになった看板を見かけますしね。



c0148812_10591969.jpg

左には朽ちかけた橋脚が。
さらに西ではRoute 66の脇に線路の枕木をいくつか見かけたので、おそらく以前は鉄道(ロック・アイランド鉄道?)が渡っていた橋と思われます。
ロック・アイランド鉄道と仮定すると、最後の列車が走ったとされているのは1980年3月31日、ただしテキサスやニューメキシコは路線の末端なので、この橋はもっと前に使われなくなったと考えるのが妥当でしょう。



c0148812_1184471.jpg

Glenrioと未舗装のRoute 66を体験するには……。
東からならI-40のExit 0を出ればGlenrio、そのまま西へ行くと未舗装路。
西からはI-40のExit 369を出たら右折、道なりに進むと未舗装路、そこを左折して東へ進むと写真の古い橋やGlenrioにたどり着きます。


未舗装路で起きたパンクはレンタカーの保険が適用されないケースも多く、すべて自己責任のうえ運転には最新の注意を払う必要はありますが、インターステートを流すだけの旅じゃ味わえない感動があることは確かです。
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-30 11:25 | アメリカ旅行 | Comments(0)

No Place Like Texola

テキサスからオクラホマに入ってすぐ。
Route 66を走っていると、Texolaという町にたどり着きます。

町と呼ぶにはあまりに小規模。
わずかな民家が点在するだけの寂しい町で、2010年の人口はたった36人とのこと。
取り立てて見るべきモノもない町だし、Route 66を観光客の誘致に活用しているワケでもないため、クルマを止める旅人も少ないであろう場所です。



c0148812_1874018.jpg

そんなTexolaで、ボクが必ず立ち止まるのはココ。
廃業してからだいぶ経った思われるレストラン跡、Route 66がメイン・ストリートだった時代には、西と東を行き交う人々で昼夜を問わず賑わっていたのかも。
店舗の大きさから想像するに、そこそこお客さんは入っていたと思われます。



c0148812_18234699.jpg

壁には『No Place Like Texola』の文字が。
“テキソーラみたいな場所は他にない”って意味になるのかな?
いずれにせよRoute 66にある数々のスモールタウンと同じく、一見すると何もない町に思えますが、地元の人々はこの町を愛し、誇りを持っていたんでしょうね。



c0148812_18272643.jpg

もはやお店の名前すら判読できません。
隣に『SODA』のノボリを上げた小さなグローサリー・ストアはあるものの、Wikipediaによると『By 2013, the population had decreased to 0, making Texola a ghost town.』……つまり、2013年には人口が0になったと記述されています。



この看板に再びお店の名前が入る日は来るんでしょうか?
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-29 18:37 | アメリカ旅行 | Comments(0)

6/5 Release

アメリカでは明日リリースされる『The History of the Eagles』。
結成40年を迎えたEagles(活動していない期間も長いけど)の結成から現在までを追ったドキュメンタリーで、限定版はDVD3枚組みという豪華な作品です。


c0148812_69165.jpg



日本語版も6/5に発売!
もちろんソッコーで予約済み。
昨年末だったか今年の始めだったか忘れましたが、BSでDon FelderとRandy Meisnerが出演した番組も放映しており、そちらもメチャメチャ興味深い内容でした。


DVDに続く気になる情報も。
アメリカ滞在中に見たサイトでDon Henleyのインタビューが掲載されており、「夏からツアーが始まり、それには少なくともひとりの旧メンバーが参加する」と。


公式サイトを見ると、すでに7月からはコンサートの日程が決まっている模様。


c0148812_6315352.jpg



そして参加する旧メンバーとは果たして?
といっても頻繁にメンバーチェンジをしているバンドじゃないので、Don Felder、Randy Meisner、Bernard Leadonの誰かってことになりますよね。
Randy MeisnerとBernard Leadonは、Eaglesが『The Rock and Roll Hall of Fame and Museum』入りを果たしたとき、授賞式で共演しておりわだかまりもなさそうだし、前出のインタビューでルーツが云々と語っているので、可能性は高いかも。
Don Felderは解雇を巡る裁判や告発本の出版でモメた過去があり、和解したとはいえ厳しいかなぁ……個人的には彼の弾くHotel Californiaがイチバン聴きたいけど。


あとは日本公演があるかどうか。
そしてDon Henleyの5月発売という『Cass County』は本当に出るのか!?
3日後から5月だってのに、本国のAmazonで予約すら始まっていないんだよな〜。
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-28 06:36 | その他 | Comments(0)

The Mojave Desert ③

モハヴェ砂漠のRoute 66に点在するランドマーク。
L.A.からさほど遠くないのと、右を向いても左を向いても壮大な風景が広がっているせいか、映画やCMのロケなどに使われることも少なくないようです。



c0148812_14255024.jpg

Amboyの『ROY'S 』。
モーテルは建物だけが残っている状態で、オールドスタイルの給油ポンプを使ったガスステーション、そしてギフトショップはまだ営業を続けています。
メルセデスのCLKだったかSLKだったか忘れたけど、1〜2年ほど前にウェブサイトでROY'Sを舞台にしたプロモーション用のムービーが公開されてたな〜。
先月ココを訪れたときも、20〜30人のロケ隊がガスステーションで何やら撮影を行なっており、ADが入ってこようとするクルマを必死になって止めていました。



c0148812_14375139.jpg

忘れちゃいけない『Bagdad Café』。
Newberry Springsにある『サイドワインダー・カフェ』で撮影された映画で、日本を始め各国でヒットし、後にお店の名前も『バグダッド・カフェ』に変更。
さすがに映画のような変わり者はいないものの、乾燥した砂漠とたまに通るクルマを見ながらコーヒーを飲んでいると、映画に入り込んだ気分を味わえます。
隣には昨日のBlogで紹介したモーテル跡、お店の裏には映画で使ったモノと同一かは不明ですが、くたびれたエアストリームも転がっており、最高にイイ雰囲気です♪



c0148812_1452999.jpg

このエリアを走るRoute 66は、どこを切り取っても絵になる風景ばかり!
モハヴェ砂漠を横断する前にガソリンは満タン、パンクしたタイヤの破片や割れた空きビンなども落ちているため、運転には多少の気を遣うものの、こんな風景のなかを何時間もドライブできるのは、3,755㎞のRoute 66でもこのエリアだけ。
もしL.A.に行く機会があれば、1〜2日だけでもイイからレンタカーを借りてカリフォルニア東部まで走り、荒涼かつ壮大な景色のなかに身を置くことをオススメします。



ああ、写真を見ているとまた行きたくなっちゃう。
そのためにも頑張って仕事しないとね、まずは明日と明後日の取材から!
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-27 15:15 | アメリカ旅行 | Comments(0)

The Mojave Desert ②

モハヴェ砂漠を突っ切って走るRoute 66。

Los AngelesとLas Vegasの中間地点にあたるBarstowを過ぎたら、カリフォルニア東端の町Needlesまで行かないと宿泊すらできません。
Amboyの少し西に1カ所だけモーテルがあった気もしますが、他は建物を見つけてもほとんどは廃墟と化しており、中に入ってみることすら憚られる状態です。



c0148812_13165136.jpg

映画『バグダッド・カフェ』で、風変わりな登場人物たちが住んでいたモーテル。
隣のカフェは現在も営業を続けており、映画のファンがたくさん訪れ賑わっているものの、コチラは数年前から『For Sale』の看板が上がっています。
夜になったら明かりのひとつすらない場所だけに、食事や休憩こそ取っても宿泊する人はいないだろうなぁ……そりゃ閉店するのも仕方のない話ですよね。
いつか復活する日は来るんでしょうか?



c0148812_13222789.jpg

Amboyを過ぎ、しばらく東へ走るとこんな廃屋が。
Route 66のロゴマークは割りと最近になってペイントされたように見えます。
テキサスにあるキャデラック・ランチのように、持ち主が落書きを容認しているのかもしれません、取り壊すにしたってタダじゃないですし。
壁の落書きをひとつひとつ見ていくと、日本とアメリカは言葉も文化も違えど、若者(だよね?)の考えることは共通だなと実感させられます。



c0148812_13264577.jpg

Newberry Springsの空き地に立っていた看板。
ピスタチオ・フェスティバル、またマニアックなイベントだな〜。
First Saturday in Novemberってことは、今年は11月2日ってことか。
ウェブサイトによると昨年が15回目、どれだけの規模なのかは分からないけど、ココに大勢の人が集まる情景はちょっと想像しにくいかも(笑)。
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-26 13:33 | アメリカ旅行 | Comments(0)

The Mojave Desert ①

面積35,000㎢以上といわれるモハヴェ砂漠。
日本でいうと岩手+宮城+福島の合計とほぼ同じ、すべてにおいてスケールが大きいアメリカとはいえ、身近なモノと置き換えると改めてその規模に驚かされます。



c0148812_1559877.jpg

広大な砂漠を貫いて走る、カリフォルニアのRoute 66。
Victorvilleがモハヴェ砂漠の南端といわれており、Barstowを過ぎたあたりから“コレぞアメリカ西部!”という感じの荒涼とした風景に突入します。
ココらへんのRoute 66はナショナル・トレイルズ・ハイウェイと呼ばれ、Ludlow/Essex/Goffs/Amboyなど、数十人しか住んでいない集落が点在するエリアです。



c0148812_16182984.jpg

このあたりなら早起きすればL.A.から日帰りも可能。
同じカリフォルニアのRoute 66でも華やかなSanta Monicaとはガラリと雰囲気が変わり、シーフォグの影響を受けない真っ青な空やどこまでも真っ直ぐに続く一本道など、内陸部ならではの壮大な景観を満喫できます。
写真は途中で見つけた『THE TWO SIXES CO.』なる看板、いったい何の会社だったのか今となっては知る術もありません。



c0148812_1635123.jpg

モハヴェ砂漠のど真ん中にある『Bottle Tree Ranch』。
Elmer Longというアーティストが製作し、オープンが2000年というからRoute 66沿線にあるランドマークとしては、かなり新しい部類だと思われます。
奥に民家っぽい建物があったけど、人の気配はゼロだったなぁ……。


ようやくGW前の仕事も一段落したことだし、今回の旅で撮影した大量の写真をまとめつつ、3日くらい続けてモハヴェ砂漠のネタを続けようかと。
カリフォルニアはL.A.だけじゃなく、砂漠地帯も魅力タップリですよ〜!
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-25 16:50 | アメリカ旅行 | Comments(0)

TUCUMCARI TONITE!

ニューメキシコ州のI-40を走ると、
『TUCUMCARI TONITE!』
と書かれた看板をアチコチで目にするはず。

TucumcariはRoute 66沿線にある有名な宿場町で、住民は約6000人という小規模な町にもかかわらず、旅人を泊めるモーテルの部屋数は2000ともいわれるほど。

町の中央を走るメインストリートがまさしくRoute 66で、日が暮れるとそれぞれのモーテルが自慢のネオンサインを煌めかせ、旅行者の目を楽しませてくれます。


なかでも有名なのが、Blue Swallow Motel
その歴史は1930年代からスタートし、オーナーが代替わりしながらも開業時の雰囲気を残したまま、現在も屈指の人気モーテルとして営業中です。



c0148812_19552852.jpg

部屋数もさほど多くないため、暗くなる頃にはすでに満室。
毎年Route 66を走っているボクも、宿泊するのは今年が初めてだったりします。
いつも現オーナー夫妻と「ホントごめんね、Tucumcariは他にも素晴らしいモーテルがたくさんあるし、そっちを紹介するから行ってみて!」みたいな会話をするんですが、今回は16時前にモーテルを訪れたおかげで部屋を確保できました。



c0148812_2011846.jpg

Tucumcariでもひときわ目を引く、Blue Swallow Motelのネオンサイン。
古い建物のコンディションを維持するだけでも結構なお金を使うだろうに、ネオンサインの電気代だってバカにならないんじゃないか、と心配になってしまいます。
もっとも無数のモーテルが乱立しているTucumcariだけに、いかにして旅人の目を引くかは経営者にとって死活問題なのかもしれませんね。



c0148812_20114766.jpg

右の古いポンティアックは、モーテルが置いたディスプレイ。
ちなみにガレージ内の壁には『Cars』のイラストが描かれています。
建物は古く設備も最新とはいえないけど愛情を持ってメンテナンスされており、タイムスリップした気分で快適な夜を過ごすことができるんです。


近くには美味しいレストランや、こんなミュージアムも。
日本じゃ名前を聞いたこともなく、失礼ながら子供だまし的なモノを想像していたんですが、入ってみたらビックリするほどマジメで充実したミュージアムでした。


また来年もココに泊まることができるかな?
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-24 20:31 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Take it easy !

例年とまったく同じ、GW進行に追われる誕生日。
泊まり込みしないで済むだけラッキーと考えよう(笑)。

Facebookを始めたおかげで、イヤでも自分の誕生日を意識させられるなぁ。
コメントやメッセージをいただいたみなさん、本当にありがとうございました!


c0148812_2335087.jpg



とうとう30代も最後の1年に突入しましたが、今までどおり気負い過ぎることなく、何ごとも「Take it easy !」を合い言葉に楽しんでいこうと思います♪


まずは明日の締切に向けてラストスパート!!
無事に終わったら久しぶりに飲みに出かけよっと。
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-23 23:29 | その他 | Comments(0)

同門対決!

本日はお昼前からSUGOで取材。
東北660選手権にエントリーする方々の練習走行にお邪魔しました。

つーか、24時間前と風景が変わりすぎ……。
てっきり走行会は中止かと思っていたんだけど、コース上にまったく雪が残っていないどころか、後半はタイムもドライ路面とほぼ同じでしたモン。

ニューカマーから常連まで熱心に走り込むなか、開幕戦の前から負けず嫌い選手権が勃発していたのは、バックヤードファクトリーの郡山店と仙台店。
EF-VEを換装したL700Vが2台、さらに郡山店のエッセも交えて走行時間が終了するギリギリまで、電光掲示板とにらめっこしながらタイムアタックを繰り返します。
身内だからこそ負けたくない、というかイチバン盛り上がる戦いかな(笑)。


c0148812_1883428.jpg

郡山店のL700V。
以前のBlogでも紹介したレンタル用マシン、本日ついにシェイクダウン!
スタッフが代わる代わる乗り込んで、感触を確かめながらセットアップ。
まだまだ改善ポイントはあるものの、レース経験がほとんどないドライバーが乗っても、3クラスの中盤くらいのタイムでコンスタントに周回できそうです。
次の走行は5/3に行われる模擬レース、果たしてどこまで煮詰められるか?



c0148812_18143837.jpg

仙台店のL700Vも本日シェイクダウン。
エンジンをオーバーホールしているアドバンテージこそあるものの、コチラも発展途上といえるマシンで、郡山店と同じく5/3の模擬レースに参加する予定とか。
スタッフ2名が仙台ハイランド戦とスポーツランドSUGO戦を別々に担当するので、チャンピオン争いには絡まないと思いますが、こういった楽しみ方もアリですね。
ちなみに3台中のトップタイムを記録したのはこのマシン。


他にもAガレージが新たなユーザーカーのエッセを持ち込んだり、昨シーズンから脅威のタイムアップに成功するドライバーが出現、1クラスに参加予定の公式レース経験者が初走行、3クラス仕様のツインや偵察(?)に来た某チャンピオン候補などなど、だいぶ中身の濃いテストになったようです♪



開幕戦まで残り約3週間、みなさんクルマの準備は大丈夫ですか〜!?
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-22 18:35 | お仕事 | Comments(0)

Snowscape

本日は珍しくレーシングスーツを着るお仕事。
スーパー耐久の開幕戦が行なわれるスポーツランドSUGO、その西コースでGAZOO Racingのサーキット体験イベントがあり、インストラクターとして参加しました。

昨年の7月にも呼んでいただいたイベントの、よりビギナー向けって感じかな?
レース観戦の合間にサーキット走行、使用するマシンは話題の86と魅力たっぷりなんですが、いかんせん今日は天候がヒドすぎて……。


SUGOに向かう途中の山道で早くも
ま、それでも朝イチはこんなレベルでした。
コレなら気を付けて走れば大丈夫だよね、先導車がいるんだし。
c0148812_20495947.jpg




ところが1時間も経たないうちに。。。



c0148812_20525063.jpg

無慈悲な積雪

先導車が発進できません(汗)。
スタッドレスでも履かなきゃムリでしょ〜。

楽しみに来場していただいたお客さんにはホント申し訳ないけど、この状態や安全性が確保できないとの判断がくだり、スーパー耐久を含めイベントはすべて中止に。


うーん残念。
次回は5月23日(木)、レーシングコースも使って開催されます。
サーキットを体験してみたい方、限定24名なので申込はお早めにっ!!
[PR]
by mavericksracing | 2013-04-21 21:04 | お仕事 | Comments(0)