by mavericks66

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

お気に入りブログ

day by day
『趣味が高じて…』  ~...
DRAGONPRESS2

最新のコメント

初めまして! コメントあ..
by mavericksracing at 08:11
はじめまして、昨日ハイラ..
by A4商店 at 21:37
どちらも素晴らしいホテル..
by mavericksracing at 08:26
一択なんて言ってすみませ..
by zzyzx at 23:27
先日は乙でした( ・ω・..
by zzyzx at 23:18
たくろく様>先ほどYah..
by mavericksracing at 10:57
制作者に確認しておきます..
by mavericksracing at 09:13
iPhoneからの署名が..
by たーな at 14:28
私も県内の峠から仙台ハイ..
by mavericksracing at 10:25
自分にとってもホームコー..
by hide at 22:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

カテゴリ

アメリカ旅行
Route 66 × 66 Pics
東北660選手権
お仕事
飛行機
クルマ遊び
サーキット
レース
過去の愛車
その他

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
カメラ

画像一覧

<   2015年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

売約済み?

Route 66沿いで見つけた空き物件。
ココは有名なレストランなんですけどね……いつごろ閉店しちゃったんでしょうか。

Chicagoから少し西へ走ったあたりの、Wilmingtonという小さな町。
ラウンチング・パッド・ドライブインという、Route 66の写真集にもよく出てくる名店です。



c0148812_85475.jpg

閉まってからそんなに時間は経っていなさそう。
店内を覗いてみるとテーブルやイス、食器などもそのまま残っています。
その気になればすぐ営業できそうな雰囲気、誰か買い取る人はいないんでしょうか?



c0148812_864998.jpg

ジェミニ計画の頃に作られたマフラーマン、その名も『ジェミニ・ジャイアント』が敷地内に。
イリノイ州のRoute 66にマフラーマンは3体あり、他のふたつはSpringfieldのラウターバック・ジャイアント、そしてAtlantaのバンヨン・ジャイアントです。



このBlogを書きつつ不動産屋のサイトを調べてみたら……。
物件リストからラウンチング・パッド・ドライブインは消えているようです。

経営者が変わって再開なのか、それとも取り壊されているのか。
ちょうど2週間後にココを通るはずなので確認しなきゃ!
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-28 08:15 | アメリカ旅行 | Comments(0)

東京ドーム4.5個分!

Route 66沿いで売りに出ていた土地。
コチラは建物などの詳細は不明、おそらく土地だけのような気が。

発見したのはカリフォルニアからアリゾナに入ってすぐ、Route 66でイチバンの難所といわれる狭く曲がりくねった峠道、ブラック・マウンテンの途中にある駐車スペースです。



c0148812_6441431.jpg

広さは53エーカー、約64881坪。
東京ドームの建築面積が14168坪なので、約4.5個分ってことになりますね。
看板に値段は書いていませんが、そんなに高くはないのでは……。



c0148812_6462748.jpg

何しろこの周辺は見渡す限りの荒野ですから。
FOR SALEの看板がココにあるってことは、売りに出ている土地もそう遠くないでしょう。
どんだけ広くても牧場くらいしか使い道が思い浮かびません。



むしろこの駐車スペースだけ格安で売って欲しい。
ハイシーズンだけ食べ物の移動販売を……すぐ下がOatmanだし厳しいか(笑)。
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-27 07:06 | アメリカ旅行 | Comments(0)

安い? それとも高い?

写真を整理してる途中で見つけた1枚。
場所はカリフォルニア州のNewberry Springs。

名前を聞いてピンときた人がいるかもしれません。
Route 66ファンにとってはおなじみの映画『バグダッド・カフェ』が撮影された、その名も『バグダッド・カフェ』というレストランがある町(町というほどの規模じゃないけど)です。

映画で個性的な登場人物たちが暮らしていたモーテル。
そこが数年前から売りに出されており、今のところ荒れるがまま放置されています。



c0148812_14103710.jpg

広さは3と1/3エーカーだから、日本風にいえば約4080坪。
そのお値段は……125K($125000)ってことは1485万円くらい。
面積を考えりゃ安いですね、モハヴェ砂漠の真ん中だけに(笑)。

ちなみに値段の横に書いてある『OBO』ってのは、or best offer(またはベストなオファー)の略で、この場合は「それ以下でもイチバン高い金額を提示した人に売る」って意味。

ま、$125000で売れるとは思っちゃいないのかも。



c0148812_14183759.jpg

建物のコレですし。
ぶっちゃけ修理するより建て直した方が早そう。
自分がいつもお世話になるStagecoach 66のオーナーが、モーテルを買い取ったときは屋根すらマトモにかかっていない状態だった、と話していたのを思い出します。

砂漠だから湿気で傷んでいる心配はなさそうだけど。
さて、ココがモーテルとして復活する日は来るのでしょうか?
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-26 14:22 | アメリカ旅行 | Comments(0)

残り2週間!

余裕こいてたら2月も下旬。
あと2週間で渡米になっちゃいました。

ココ数年は「忘れ物があっても気にしない、現地調達で何とでもなる!」ということが分かってきましたが、それでも絶対に持って行かなきゃいけないモノは少なくないワケで。

あとは出発前に片付けなきゃいけない原稿も。
それ以前に取材が終わってない、来週末には仙台を出て東京なのに。

この春のアメリカ旅行は期間こそ長いけど、途中で撮影の仕事が10日ほど入っているうえ、5月末が締め切りの原稿も書かなきゃいけないし、それに伴う編集作業や校正もたっぷり。

夢の「アメリカにいても仕事ができる」に、ちょっとは近づいたかもしれません。



c0148812_1041961.jpg




なお今回のルートはDetroit経由でChicagoからアメリカ入り。
昨年と同じく東から西に向かってRoute 66を全線走破します。
何だかんだで〝マザー・ロード〟を端から端まで走るのも5回目となりました。

それはさておき。
某誌でアメリカの町と道に関する連載を始めました。
初回は映画『カーズ』がヒットしたおかげで日本でも知名度が上がってきたRoute 66、その舞台となった町といわれるアリゾナ州Seligmanをクローズアップします。

本が発売されたら改めて宣伝するので買って下さい(笑)。
ただし3月末の発売なので、自分が読むのは帰国後だったり。
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-25 10:22 | アメリカ旅行 | Comments(0)

Kカー耐久 開催を検討中

東北660選手権のスケジュールは確定。
レギュレーションも発表したし、あとは優先ゼッケンの受付くらい。

となると気がかりなのはKカー耐久。
昨年9月15日に仙台ハイランドが閉鎖し、東北におけるKカーの耐久イベントは消滅。
近年はエントリーが減っていたとはいえ、まだ需要はあると思うんですよね。

それで何とか後を引き継ごうと動いてはいます。
ただし今年はサーキットの占有が本当に多く、なかなか日程を決めることができません。

土曜日は集まりが悪いだろうし、東北660選手権と近いのもNG。
なにせ最後の2年間はエントラントの半数が東北660選手権のマシンでしたから。



c0148812_18541246.jpg




現状でいうとスポーツランドSUGOでの開催は厳しい。
潤沢な資金があればゴリ押しもできますが、参加料金と予想台数を考えると絶対にムリ。
なので東北660選手権と同じように、サーキットを巻き込んで開催するしかありません。
しかしスケジュールに空きが……というワケで今年のSUGOは断念。

となると開催地はエビスサーキットしかない。
コチラもSUGOと同様に占有が多いので、いまだ模索中といった状況です。
関東の方々からもエビスを熱望する声が多いので、なんとかしたいとは思っています。

開催できるとすれば秋、10月または11月かな?
進展がありしだいコチラでお知らせします!
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-24 19:10 | Comments(0)

0628&1018 Kカー走行会 in エビス

エビス西の東北660選手権と同日に開催します。

フリー走行が2本と希望者による模擬レースの予定です。
仙台ハイランドのKカー耐久と併催していた、フリー走行+模擬レースと思っていただければ。

参加料金も同じくらいでイケるよう調整します。
詳細は決まりしだい発表しますが、取り急ぎ「やるよ!」って告知のみ。



c0148812_935260.jpg




ちなみに当日の午前中はKカー限定の練習走行会になる予定。
午後のイベントに参加しない方も走れるようにする予定ですが、東北660選手権やこの『フリー走行+模擬レース』に参加する方は割引料金を適用させていただきます。

今シーズンのエビス西、週末はとにかく占有が多い。
遠方からいらっしゃる方、平日に休めない方はゼヒどうぞ。
コチラも詳細が決まったらウェブサイトなどで発表します!
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-23 09:08 | 東北660選手権 | Comments(0)

東北660選手権 2015年の規則書

お待たせしました。
今シーズンの規則書を公開です。
併せて2015年版の参加申込書と車両申告書もUPしています。

東北660選手権 公式サイト



c0148812_16291949.jpg




大きく変わった部分はありませんが、開幕前にシッカリとご確認ください。

なお不明な点や質問はinfo@mavericks.jpにて大会事務局まで。
BlogやFacebookでのやり取りは公式なモノとはなりませんのでご注意を。
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-22 16:36 | 東北660選手権 | Comments(0)

ESTAの申請について

国際免許の話をしたのでついでに。
日本人がアメリカに入国するときは、ESTAの申請が必須となります。

ESTAとは電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)の略で、ビザ免除プログラムに参加している国から船または飛行機でアメリカ合衆国へ入る前に、インターネットで渡航者や滞在先の情報などを申請するシステムで、2008年から実施されるようになりました。

当初は無料でしたが、現在は$14がかかります。
支払いはクレジットカードのみ、申請はコチラのサイトにて。

『ESTA』で検索すると本物っぽいURLの代行業者がたくさんヒットしますが、昨年から記載する項目が増えたとはいえ、普通にネットを使っている人ならまったく問題ないレベル。 

トップページの上部、右から日本語も選択できますし。
あとはパスポートを手元に用意して、間違いのないよう打ち込んでいくだけ。



c0148812_814914.jpg




昨年から『両親の名前』や『雇用先の住所』などの欄が増えたものの、『?』マークをクリックすると出る説明のとおり、たいていは『UNKNOWN』で通っちゃったりします。

有効期限は2年間。
ただし期間内にパスポートが切れる場合は、パスポートの有効期限と同日です。

申請は渡航の72時間前を推奨とされているけど、過去にESTAが切れているのをすっかり忘れており、成田空港で登場の2時間前に申請したことがあります(汗)。
それでも無事に承認されましたが、事前に済ませておくに越したことはありません。

ちなみに有料の代行業者、高いところでは5000円なんてのも。
項目が増えても10分ほどで終わるので、個人旅行の方はトライしてみて下さい。
こんなのを自分でできないようじゃ、アメリカをぶらっと旅するなんてムリですから(笑)。
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-21 08:15 | アメリカ旅行 | Comments(0)

国際運転免許証の取得について

コレもまたよく聞かれること。

「国際免許ってカンタンに取れるんですか?」

はい、日本の運転免許さえあれば誰でもその場でもらえます。
たまに「試験があるんじゃないか」と勘違いしている方もいらっしゃいますが、筆記も実技も含め試験は一切ありませんし、申請して落とされるようなこともないのでご安心を。

申請する場所は運転免許センター、費用はたったの2400円です。
混雑していなければ30分もかからず終わるはず。

家から持って行くモノは以下の3つ。

・パスポート
・日本の運転免許証
・印鑑(スタンプ式はNG)

他に申請書類と証明写真が必要で、それらは免許センターで調達できます。



c0148812_19252987.jpg




有効期限は発給日より1年間。
お世辞にも見栄えがイイとはいえない紙の免許証だけど、期限が切れたら返納しなきゃいけないので、間違っても捨てたりすることのないように。

運転できる車両も申告する必要があります。
ほとんどの方はA(二輪車)かB(細かい規定はあるけど一般的な乗用車)のどちらか。

ただし注意して欲しいのは、国際運転免許が有効な国。
基本的にはアメリカなどジュネーブ条約の加盟国に限られており、非加盟国でも短期の旅行者に対し国際免許を認めるケースもあるので、詳細は各国の大使館まで問い合わせを。

また国際免許を取得したとしても、海外でレンタカーを借りるときは日本の運転免許証を提示しなければいけな場合もあるので、くれぐれも自宅に置いていったりしないように。
レンタカー会社によるのかもしれませんが、自分は今まですべて提示を求められています。

というワケで自分も今年の分を申請完了!
コイツを忘れちゃクルマを買うどころじゃなくなるので(汗)。
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-20 19:39 | アメリカ旅行 | Comments(0)

アメリカの市販薬

一昨日から体調が悪いので薬ネタ。

「アメリカ旅行中にカゼを引いたらどうするの?」なんて質問をたまに受けます。
Route 66を全線走破するとなると東と西じゃ気温はまるで違うし、砂漠地帯では夜と昼の寒暖差もかなり大きいので、カゼを引く要因はいくらでもあるといえるでしょう。

本当かどうか不明ですが、よく言われるのが「アメリカの薬は強い」ってこと。
そもそも日本じゃ売っていない薬だってあるし、どこまで信憑性があるかはビミョーです。
ただ自分の経験からすると、確かに効き目が強い気はします。

そして自分は薬のアレルギー持ち。
解熱剤はどれもこれもダメ、すぐジンマシンが出ちゃいます。
一度ひとり旅の途中で熱が出てしまい、高熱でフラフラするよりは痒いほうがマシかと思い、ファーマシーで日本でも売っているメジャーな解熱剤を購入。

飲んだところ熱はすぐ下がったものの、通常の3倍くらいジンマシンが(汗)。
翌日に同じ薬局へ行きジンマシンだらけの腕を見せ、薬疹を抑える薬を買ったことがありました。



c0148812_1913452.jpg




そしてアメリカは医療費がメチャメチャ高い!
日本と同じつもりで気軽に病院へ行くと、目玉が飛び出るくらいの額を請求されます。
なので基本的には市販薬でどうにかする、というのが自分のパターン。

ただし、病院代をケチって大ごとになっては元も子もありません。
それなりの長期旅行だったり体調に不安がある方は、医療費もちゃんとカバーしてくれる旅行保険に入ったほうが、精神的にも安心できるんじゃないかと思います。

万が一アメリカで手術したりすると……。
昨年ネットでも話題になった、こんな事態が待ち受けているワケです。

ま、無難なのは日本で飲んでいる薬を携行すること。
写真の点鼻薬(コレは本当に効きます!)みたいなモノならともかく、よく分からない飲み薬を現地で買って使うのは、副作用などのリスクを考えるとオススメできません。

何だか起きていたら頭が痛くなってきたので寝ます。
明日と明後日は仕事だから今晩中に治さないと!
[PR]
by mavericksracing | 2015-02-19 19:31 | アメリカ旅行 | Comments(0)