「ほっ」と。キャンペーン


 


by mavericks66

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

お気に入りブログ

day by day
『趣味が高じて…』  ~...
DRAGONPRESS2

最新のコメント

初めまして! コメントあ..
by mavericksracing at 08:11
はじめまして、昨日ハイラ..
by A4商店 at 21:37
どちらも素晴らしいホテル..
by mavericksracing at 08:26
一択なんて言ってすみませ..
by zzyzx at 23:27
先日は乙でした( ・ω・..
by zzyzx at 23:18
たくろく様>先ほどYah..
by mavericksracing at 10:57
制作者に確認しておきます..
by mavericksracing at 09:13
iPhoneからの署名が..
by たーな at 14:28
私も県内の峠から仙台ハイ..
by mavericksracing at 10:25
自分にとってもホームコー..
by hide at 22:39

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

カテゴリ

アメリカ旅行
Route 66 × 66 Pics
東北660選手権
お仕事
飛行機
クルマ遊び
サーキット
レース
過去の愛車
その他

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
クリエイター

画像一覧

<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

写真に残したいアメリカの表情

Route 66復活の街として知られるアリゾナ州Seligman。
以前は宿泊せず通過してWilliamsまで行くのが恒例でしたが、とあるできごとを経験してからは毎年この街に泊まるように、というか写真のモーテルに泊まるようになりました。

もはやココに行ってお世話になった方に元気な姿を見せることが、自分がアメリカへ行く目的のひとつになったといえるし、そういった事情を差し引いても落ち着ける場所なんですよね。

何度も書いたけど建物は古いもののシッカリ手入れされており、オーナーを始めスタッフは親切な方ばかりだし、敷地内のレストランやバーには地元の方から旅行者までが訪れます。

泊まるときは1日だけじゃなく3日くらい、長いときは1週間くらい滞在することも。
ココで出会った人たちの写真だけでも結構な枚数です。



c0148812_1114933.jpg




で、来年くらいに考えているのが撮影を目的としたさらなる長期滞在。
元々アメリカの文化や風景が好きではあったけど、こんなにハマった理由は間違いなくココでの出来事、なのでじっくり腰を据えての作品づくりをやってみたいなと。

イベントなどで盛り上がりそうな時期を選んで、1カ月なり2カ月なり部屋を借りて暮らしつつ、古き良きアメリカの雰囲気を色濃く残す宿を写真に残せたら最高ですね。

この近辺はアリゾナといえど高地なので、四季の変化があるのも魅力のひとつ。
唯一の難点は日本の食材を買うのに片道3時間くらいかかること。
さすがに毎日アメリカの料理じゃ身体がもたん、美味しいんですけどね。

まずはベストシーズンの調査から……オーナーに聞けばいいや(笑)。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-31 11:45 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2017年アメリカの旅 噴火口の跡をトレッキング

前回は時間が足りず行けなかった場所。
カリフォルニア東部のRoute 66沿い、Amboyにあるアンボイ・クレーター。

クレーターと呼ばれているけど隕石の衝突跡じゃありません。
約6000年前の噴火で作られた『クレーター』で、今はナショナル・ナチュラル・ランドマーク(国立自然史跡とでも訳すのかな?)に指定され、駐車場から整備されたトレイルもあります。

いま組み立てている旅程ではこの近辺で1日を過ごす予定、そんな過酷な道でもなさそうなので時間があれば歩いてみようかと、クルマ移動ばっかじゃ身体がなまってしまいますからね。



c0148812_916724.jpg




トレイルは写真の右手、荒野を突っ切るワケじゃありません(笑)。
時間的に行けるのは噴火口の縁までかな、下に降りる道もあるにはあるようだけど。

気候的にも11月の昼間ならベストっぽい。
トレイルの入り口に立っている看板には、歩くのは10〜4月にしろ的な文もありました。
夏は35℃オーバーも当たり前の砂漠だから命に関わりかねません。

なお近くにはRoute 66の名所ロイズ・モーテル・アンド・カフェ。
トレッキングを終えたらそこでソーダ飲みつつ休憩ってプランかな。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-30 09:32 | アメリカ旅行 | Comments(0)

次はキャンプしながら撮影したいアメリカの秘境

アメリカ西部は国立公園の他にも凄まじい絶景が多数。
なかでも自分が気に入っているのはホワイト・ポケットや日本でも有名になったザ・ウェーブを含む、アリゾナ州とユタ州をまたぐバーミリオン・クリフス国定公園です。

ゲートシティとなるPageやKanabからのアクセスがよくなく、公園内は未舗装路が大半なので「ツアーでしか行けない」なんて言われますが、別に法的な規制があるワケでも何でもありません。

ま、当然ながら自己責任ではあるし慣れない人はツアーを使うのが無難だとは思います。
自分はPageに泊まって知人らと日帰り、なので次は近くのキャンプグラウンドを使いたい。

そこらの国立公園を凌ぐほどの大自然、明け方や夜も味わいたいじゃないですか。

ただしキャンプグラウンドはごく少なく、予約もない要するに早いモノ勝ち。
前に立ち寄ったときは夜は冷えるであろう秋ということもあり1組だけでしたが。



c0148812_994720.jpg

c0148812_995631.jpg

c0148812_910270.jpg

c0148812_9101119.jpg




写真はすべてホワイト・ポケット。
何がどうなってこんな地形になったのか不思議でたまりません。
さすがにココでテントを張るワケにはいきませんが(汗)。

この付近に限らずキャンプグランドといっても、日本のように設備が整っているところは稀。
電源なんてもってのほかだし水道すらない場所が多く、トイレだってモチロン水洗のはずがない。

なので日本の便利なキャンプ場や最近ブームのグランピング、そこらへんと同じ感覚で来てしまうと後悔すること確実、不便を楽しむことに目覚める人もごく少数いるかもしれないけど(笑)。

なお自分が泊まりたいキャンプグラウンドは、もっとも近い病院まで32マイル(約51.5㎞)。
病院まで遠くなければ油断できるってことじゃありませんが、この距離を考えるとあらゆる行動に対して慎重になりますね、携帯なんて繋がるはずもない僻地のなかの僻地だし。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-29 09:47 | アメリカ旅行 | Comments(0)

備忘録:今までに行った国立公園

以前も書いたけどアメリカ国立公園の全制覇も目標のひとつ。
先月の渡米では久しぶりに新しい場所を訪れることができました。

コレで合計11カ所か……先はまだまだ長い。
なにしろトータルで60カ所くらいあるし、増える可能性も少なくないですから。
国定公園がしばらくすると国立公園にというケースがよく見受けられます。

今までに行ったことのある国立公園を整理してみましょう。

CA/ジョシュアツリー、デスバレー、レッドウッド
AZ/グランドキャニオン、ペトリファイドフォレスト、サワロ
UT/キャニオンランズ、キャピトルリーフ、ザイオン、アーチーズ、ブライスキャニオン

いわゆるグランドサークルがある西部に集中しているのは当然として、州でいうと3つしかないってのは自分でも意外なほど意外、まぁ他はルート66とか“走る”のがメインだったしなぁ。



c0148812_19263970.jpg




過去に行った国立公園は上の地図で星マークが付いているところ。
あ、デスバレーにマーキングするのを忘れた(汗)。

もちろんアメリカの大自然ってのは国立公園だけじゃありません。
国定公園や州立公園やナショナル・モニュメント、また何にも指定されてない場所でも、心を打たれる絶景ってのはいくらでもあるし、そういった場所も数多く見てきました。

それでも国立公園ってのは何か特別な響きがあるんですよね。
旅行会社のツアーは「1回の旅行でどれだけ数をこなすか」なので、有名なビューポイントをまわって滞在は短時間になりがち、でも写真がメインだと1カ所にじっくりというのが基本。

上に挙げたなかでも撮り足りない場所がいくつかありますし。
またトレッキングで奥のほうまで足を伸ばしたり、キャンプすれば違った景色に出会えるはず。

60カ所の美味しい季節や時間帯の写真か、もはや一生のライフワークになりそうな(笑)。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-28 19:36 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2017年アメリカの旅 デスバレーでトレッキング?

トレッキングなんて大げさなモンじゃありませんが(笑)。
デスバレー国立公園でヒコーキを撮るには、ごくごく短い山道を歩く必要があります。

イチバン長いところで徒歩5分くらいかな?
ただし勾配は撮影ポイントによって異なり、人と違う絵を求めさらに歩くという選択肢も。



c0148812_5342616.jpg

山道から見渡すデスバレー国立公園の壮大な眺め。
著名なビューポイントから遠く離れており、観光客が少ないのも個人的には好み。
ヒコーキが飛ばずともこの景色を見ているだけで満足できそうですね。



c0148812_534403.jpg

整備されたビューポイントじゃないので道案内の類はナシ。
ただし同じ目的で歩いた人たちの跡が残っているので迷うことはないでしょう。
足もとの土は特に滑りやすいワケじゃないので、サンダル履きとかじゃなければたぶん大丈夫。



c0148812_5345577.jpg

ご覧のように岩場っぽい場所もあります。
当然ロープや柵なんて一切ないので、道から外れすぎないようご注意を。
滑落したら自力じゃ絶対に上がれません、というか生きていたらラッキーなレベル。



c0148812_5351062.jpg

目線と同じ高さで迫ってくるF-35ライトニングⅡ。
苦労(ってほどじゃないけど)した先ではこんな出会いが待っています。
天候に関しては強風こそあれど、雨の可能性はゼロに等しいかと。



なお今回ヒコーキを撮ったのは7D2に100-400㎜のズーム1本です。
カメラバッグを担いで山道を歩くのは大変、細かい砂だらけの外でレンズ交換もしたくない。

欲をいえば望遠側が600㎜くらいあればより幅が広がるのかも。
SIGMAやTAMRONの150-600㎜あたりがベストマッチな気もしますね。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-27 05:36 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2017年アメリカの旅 飛行機がハズレたら風景を②

昨日の続きでデスバレー国立公園のネタ。

ココに行く主目的はヒコーキ撮影ですが、飛ばない可能性もゼロじゃありません。
LAから時間をかけて走って空振りは確かにキツい、でも何日か通うスケジュールにはしてあるし、もしノーフライトだとしてもそこはデスバレー国立公園、見るべき絶景はいくらでもあります。



c0148812_951096.jpg

結晶化した塩に覆われたバッドウォーター。
遠くから見るとまるで雪みたいですね、半ソデで歩いているのが不思議な気分。



c0148812_99455.jpg

同じ塩の結晶でもコチラは大きな塊になっています。
転んだら大ケガしそうな、その名も『デビルズ・ゴルフコース』です。



c0148812_912281.jpg

カラフルな壁面が広がるアーティスト・パレット。
たどり着くまでの狭く曲がりくねった道もそれはそれで楽しめます。



と、仮にヒコーキが飛ばなくとも十分に素晴らしい場所であることは確か。

あとはキャンプグラウンドのチョイスですねー。
ココに一覧があるので位置や設備を調べてみないと。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-26 09:23 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2017年アメリカの旅 飛行機がハズレたら風景を①

1日のつもりが面白すぎて4日もいた場所。
夏の酷暑で知られるデスバレー国立公園なんですが、著名なビューポイントとは離れているので人も少なく、というかココに来る人は大半がヒコーキ目的じゃないのかと。

ただしエアショーってワケじゃないので飛ばない日があるかもしれません。
そんなのは普段から松島基地に通っている人なら慣れたモンですよね(笑)。
飛行の時間がズレるなんてのはいつものこと、急なキャンセルだって珍しくないですから。

ただしコッチは仮に飛ばないとしても、ファミレスでヒマを潰す必要はナシ!
なんたって国立公園のど真ん中だけに、日本じゃ見られない絶景を楽しみましょう。



c0148812_750863.jpg

もっと上まで行けばより素晴らしい風景だったんでしょうけど。
前日に珍しい大雨が降ったおかげで道がぬかるんでおり途中で断念。
ま、ココから見下ろすだけでも十分に感動できたので頂上はまた次回に。



c0148812_753820.jpg

昨日Facebookでも使ったザブリスキー・ポイントの別カット。
映画『砂丘』ではめっちゃ印象的なシーンがココで撮影されています。
ちなみに原題はそのまま『Zabriskie Point』、コレじゃ日本人には分かりにくいよ(汗)。



c0148812_7554659.jpg

海抜マイナス86mのバッドウォーターにある桟橋(?)。
一応は内陸湖とされているけどご覧のように水はなく結晶化した塩だけ。
余談ですがココはデスバレー国立公園でもっとも気温が高い場所のひとつだそうです。



夏場は50℃オーバーなんて日もあるデスバレー国立公園。
次に行くであろう11月は平均気温が最高で24℃、最低で9℃とベストシーズンかもしれません。

なのでLas Vegasに移動する前日はキャンプしようと思います。
同行するお友達はキャンプ&アウトドア好きな人が大半なので、アメリカという非日常のなかでさらに非日常といえる、国立公園でのキャンプを体験してもらいたいなと。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-25 08:10 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2017年アメリカの旅 野生動物との邂逅にも期待

デスバレー国立公園で出会ったコヨーテの夫婦(?)。

涼しいので窓を開けてドライブ中、明らかに犬とは違う遠吠えが。
そんな遠くないと判断しクルマを停めると、2頭のコヨーテが駆け寄ってきます。

サイズ的には小さいけど精悍な顔つきをした肉食獣。
住宅街に現れて飼い犬を襲ったなんて話も多く、念のためクルマのなかで撮影しました。

ま、明らかに人慣れしている様子でしたけどね。


c0148812_8113279.jpg

どっちがオスでどっちがメスかは不明。
コヨーテは大きな群れで行動することは少ないようです。
たいていはペアか多くてもその子供が加わる程度とのこと。



c0148812_8124623.jpg

大きさを考えなきゃ見た目は狼っぽい。
狼や犬と交配が可能で犬との間にできたのがコイドッグと呼ばれます。
コイドッグは繁殖能力が高く性質も凶暴で問題になっているとか。



エサをもらえると思っているのか、しばらくクルマのまわりを徘徊。
ホーンを鳴らしても逃げないし襲ってくるような雰囲気でもありません。

たぶん公園に来た観光客が食べ物を与えているんでしょうね。
ただし国立公園で野生動物にエサをあげるのは禁止で罰金も取られます。

秋のキャンプでも何かしら野生動物に会えるといいなぁ。
グリズリーが出るって話は聞いたことがないのでちょっと安心(笑)。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-24 08:27 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2017年アメリカの旅 駆け足だけどSan Diegoも行く?

行けることが確定した人の増えてきた今秋のアメリカ。

なんだかんだで2週間組がイチバン多くなりそうな気配、他に10日組と1週間組がいるのでピックアップの手間を考慮しつつ、アメリカの魅力を満喫してもらえるスケジュールを作っています。

ネリスのエアショー2日前に全員集合、ショーの翌々日に一緒に帰国する予定。
帰国日は午前中のフライトなので余裕ナシ、フリーで動けるのはその前日が最後です。

最初はエアショーが終わったらLas Vegasに泊まり、翌朝の昼すぎにLAへ到着って考えていましたが、よく考えると今年って映画『トップガン』公開から30年という節目なんですよね。

ならばヒコーキが好きな方も多いしSan Diegoに行っちゃおうかと。



c0148812_9395460.jpg

やっぱ空母ミッドウェイのミュージアムは定番かな。
退役したとはいえ実物の空母のなかに入るなんて貴重な経験だろうし。



c0148812_9414055.jpg

そして映画のロケ地でもあるレストランでランチを。
ミッドウェイから歩きで行ける距離だしシーポート・ビレッジにも寄れます。



ま、前日の移動がちょいハードといえばハードだけど。
Las Vegasから西つまりLAへ向かうフリーウェイは通常の日曜でも結構な混雑です。
それがエアショーの帰りとなれば……あまり想像したくないなぁ(汗)。

渋滞を覚悟でショーが終わってすぐ移動するのがいいのか、Las Vegasでメシでも食べて混雑が収まってから動くべきか、ココはちょっと考える余地アリかもしれませんね。

ちなみに今年は混雑を回避してゆっくりディナー、ただし事故渋滞で結局は変わらずみたいな。

もし到着が午前0時になったところで翌朝ミュージアムがオープンするのは10時、となれば7〜8時間は眠れる計算なので大丈夫っちゃ大丈夫?
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-23 09:58 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2017年アメリカの旅 交通と物流の歴史を1カットで

いまだベストなタイミングには出会えていませんが……。
LAから1時間ほど東へ走ったあたりに面白い撮影スポットが。

メキシコとの国境に近いSan Diegoからカナダとの国境まで続くインターステート15号線、アメリカ西部の開拓に寄与した“マザー・ロード”ことRoute 66、そして現在もアメリカ物流の大動脈であり続ける鉄道、この3つがほとんど隣り合って走る区間があるんです。



c0148812_91319.jpg




Route 66の路上に立って鉄道とインターステートを撮ってみました。

いつも大編成のマイル・トレインが東西のどちらからも走ってきており、そこにRoute 66のロードサインを絡めたカットを狙ってみるものの、なかなか満足のいく写真が撮れないんですよね。

もしかすると上の3つに加えRoute 66の旧路面も同じフレームに収められるかも?
今秋の旅は写真が好きな方も多いので、ムリヤリにでもお付き合いいただきます(笑)。
[PR]
by mavericksracing | 2017-01-22 09:11 | アメリカ旅行 | Comments(0)