by mavericks66

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

お気に入りブログ

day by day
『趣味が高じて…』  ~...
DRAGONPRESS2

最新のコメント

初めまして! コメントあ..
by mavericksracing at 08:11
はじめまして、昨日ハイラ..
by A4商店 at 21:37
どちらも素晴らしいホテル..
by mavericksracing at 08:26
一択なんて言ってすみませ..
by zzyzx at 23:27
先日は乙でした( ・ω・..
by zzyzx at 23:18
たくろく様>先ほどYah..
by mavericksracing at 10:57
制作者に確認しておきます..
by mavericksracing at 09:13
iPhoneからの署名が..
by たーな at 14:28
私も県内の峠から仙台ハイ..
by mavericksracing at 10:25
自分にとってもホームコー..
by hide at 22:39

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

カテゴリ

アメリカ以外の旅行
アメリカ旅行
Route 66 × 66 Pics
東北660選手権
お仕事
飛行機
クルマ遊び
サーキット
レース
過去の愛車
その他

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
カメラ

画像一覧

カテゴリ:アメリカ以外の旅行( 40 )

八丈島観光 ヒコーキ撮影はココからも?

今回はまったく絡めることができなかったけど……。
八丈富士とは反対側にあるココもヒコーキ撮影のポイントっぽい。
何しろ1日3回しかチャンスがないので、分かっていてもなかなか撮れん(笑)。


c0148812_09074436.jpg
場所は登龍(のぼりょう)峠の展望台。
島を1周するその名も『八丈一周道路』をドライブ中に立ち寄りました。
雲に隠れているのが八丈富士でその奥には小さく八丈小島も見えています。


c0148812_09074463.jpg
八丈島は全体が富士箱根伊豆国立公園に属しています。
そのなかでもココは景勝地として有名で、新東京百景のひとつにも指定されているとか。
次はもっと天気がいいときに眺めてみたいですね〜。




[PR]
by mavericksracing | 2018-10-13 09:24 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈島観光 今回の旅で入った温泉をまとめてみる

八丈島には温泉もたくさん!
今回の旅では雨だったこともあり、2泊3日で5カ所のお湯を巡りました。

観光協会のウェブサイトによると温泉は合計で7カ所。
他にも野湯があるみたいだけど、そちらはまだハードルが高い(汗)。

ちなみに1カ所所を除きすべて源泉の掛け流し。
温度も自分にはベストなところが多かったし、料金も300〜500円とリーズナブル。

調べてみたら600円で各温泉を1日1回ずつ入れる周遊券や、1000円で2日間バスも乗り放題のチケットもあり、温泉を目当てに訪れる人も少なくないようです。



c0148812_08332819.jpg
撮影したのは前に紹介した洞輪沢温泉、そしてこの足湯きらめきの2カ所。
他は常に人がいる人気ぶり……というか雨だから多かったのか。


c0148812_08332889.jpg
大海原を眺められる足湯もよかったですよ〜。
ただ土砂降りでカサを差しながら入ったけど(笑)。



さて、八丈島にある7つの温泉は以下のとおり。

・ふれあいの湯
・やすらぎの湯
・みはらしの湯
・ザ・BOON
・裏見ヶ滝温泉
・足湯きらめき
・洞輪沢温泉

入れなかったのは裏見ヶ滝温泉とみはらしの湯。
裏見ヶ滝温泉は水着を持って来なかったのでムリ、みはらしの湯は絶景の露天風呂として有名なだけに、天気のいい日に再訪したく今回はあえて外しました。

次は雨の少ない季節……1月くらいに行こうかな?




[PR]
by mavericksracing | 2018-10-12 09:00 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈島観光 豪雨の直後に裏見ヶ滝を歩く

相変わらず自分と天気の相性がよくない南の島。
今回の八丈島も大半が雨だったんだけど、それが幸いしたこともありました。

それが中之郷にある裏見ヶ滝。
名前のとおり滝を裏側から見る遊歩道があるそうです。

しかしこの日は朝から土砂降り。
島で仲よくなった同じひとり旅の方と植物園や足湯をご一緒し、「この雨じゃ滝と変わりませんよねー」なんて話していたら、急に雨が止んで雲の切れ間からは太陽が!

おまけに場所は裏見ヶ滝のすぐ近く。
遊歩道はぬかるんでいるので足元に注意しながらトレイルを進みます。


c0148812_18525025.jpg


出た!
凄まじい勢いで水が流れ落ちています。

前日というか前々日から雨だったおかげで、こんだけ水量が多かったらしいです。
せっかく来たからにはと裏側を歩いてみたんだけど、近づくだけで水しぶきでビショビショになるほどで、カメラを持って行かなくてよかったというのが正直な気持ち(笑)。

ちなみにココのすぐ近くには裏見ヶ滝温泉という無料の温泉もあります。
水着着用の混浴なので今回は入れなかったけど、写真を見る限りジャングルのなかにある露天風呂みたいで、秘湯好きにはたまらないであろう雰囲気でした。

八丈島の温泉で入らなかったのはココともうひとつだけ。
次回はそのふたつに入ってコンプリートしたいですね♪




[PR]
by mavericksracing | 2018-10-11 19:10 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈島から眺める八丈小島

八丈島に寄り添うように浮かぶ八丈小島。
わずか7.5㎞しか離れていない面積が約3㎢の小さな島で、1969年にすべての住人が離島してからは無人島だけど、現在も釣りや観光などで上陸できるんだとか。


c0148812_19382968.jpg
島というか海面から突き出した山に見えますね。
コレは大平山という616.6mの山で、海岸線の大部分は見てのとおり急斜面。


c0148812_19382991.jpg
コレは大坂展望台から撮った写真だったかな?
海に沈む夕日と八丈小島を撮影するスポットでもあるそうです。


c0148812_19382861.jpg
コチラは南原千畳敷から見た八丈小島。
雲のない青空の下で改めて撮りたい欲求が湧いてきます(笑)。


c0148812_19382846.jpg
海沿いに建つ『八丈小島忘れずの碑』。
離れても故郷を想う元島民の思いが刻まれています。



八丈小島に人が定住したのは室町時代というのが一般的な説。
しかし平安時代の末期に伊豆大島へ流された武将、源為朝がこの島で自害したという伝説もあるなど、なかなか歴史的なロマンがたっぷりの島なようです。




[PR]
by mavericksracing | 2018-10-10 20:04 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈島の人捨穴 虫だらけのため入口だけで撤退

八丈島をドライブ中に見つけた気になる場所。
人捨穴なんて不気味さ極まりない名前、気になってクルマを停めてみました。

調べたところ孤島だけに昔は慢性的な食料不足で、飢饉に陥ったときいわゆる“口減らし”のため、体力の落ちた老人らを置き去りにした場所なんだとか。

決して心楽しいスポットではないけど、来たからにはこの目で見ておきたい。
防衛道路と名付けられた戦時中に作られた道路から、山道を少し上がったところに人捨穴があるらしく、雨も上がったことだし歩いてみることにしました。


c0148812_08345692.jpg
道路沿いに看板が立っており場所は見つけやすい。
昔はTV番組の某探検隊も来たことがあるそうです。


c0148812_08345680.jpg
しばらく訪れた人がいないようで草が伸びまくり。
おまけに得体の知れない虫だらけで即座に撤収しました(汗)。



以下は帰ってからネットで調べた情報。

・30mほどの横穴で内部には供養のための地蔵がある。
・実際は口減らしじゃなく風葬のための場所という説も。
・幕末に難破して漂着した欧米の漁船員を埋葬した場所。
・TV番組でイメージが悪化し今は観光地として紹介せず。

ま、いずれにせよ人が埋葬された場所であることは確かなようで。
歴史や風習を知る意味では重要ですが、積極的に足を運びたい場所ではないな……。




[PR]
by mavericksracing | 2018-10-08 08:56 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈島の戦跡 大坂トンネル展望台

八丈島の戦争遺跡、今日は大坂展望台。
八丈小島を眺める格好のスポットなので、訪れたことのある人も多いはず。

私はヒコーキの上がりを狙って行きました。
結果としては大ハズレだったけど、コッチを見つけたからまぁいいか。



c0148812_14515669.jpg
この奥にあるトーチカに直射砲が設置されていたそうで。
確かに港を一望できるから防御陣地としては最適だったのかも。


c0148812_14515745.jpg
コレが大坂展望台でトーチカ跡は歩いてすぐ先。
駐車場がちょっと分かりにくいので訪れる際は見逃さないように。


c0148812_14515782.jpg
戦跡じゃないけど電話ボックスの跡。
超コンパクトな男子トイレかと思った(笑)。


c0148812_14515768.jpg
レトロな電話ボックスに対してトイレは近代的。
山小屋などでよく見かける微生物を利用するバイオトイレでした。



トーチカは入ろうと思えば余裕で入れるんですけどね……。
ライトもなければ中の様子も分からない、なので当然ながら入り口だけ撮って撤収。




[PR]
by mavericksracing | 2018-10-07 07:16 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈島の戦跡 底土回天二号壕跡

ようやく雨が上がった八丈島の最終日、駆け足で島内をドライブしました。

事前に調べたところ八丈島には太平洋戦争の戦跡がたくさんあり、特に保存して公開しているワケではないものの、今でも当時の姿をとどめている場所も多いそうです。

で、アクセスしやすく危なくなさそうば戦跡をいくつか。


c0148812_12230368.jpg
夏は海水浴の観光客で賑わう底土ビーチのすぐ脇。
海へ流れ込む小さな川沿いの断崖のぽっかり黒い穴が空いています。
ココが本土決戦のため開発した特攻兵器、回天が配備されていた底土基地の跡。


c0148812_12230253.jpg
格納壕は長さ37m、幅3m、高さ3.5m。
ライトがないので入り口からiPhoneで撮影しました。
回天は車輪が付いた架台に載せられており、レールの上を移動して海に向かうそうです。



しかしココから出撃することはなく終戦を迎えました。
武装解除のため上陸した米軍の指示により、1.55tもの炸薬が詰まった頭部は海中に投棄され、胴体は格納壕のなかで爆破という結末を迎えたんだとか。

壕内には爆破された回天の破片が今でも突き刺さっているとのこと。




[PR]
by mavericksracing | 2018-10-06 12:37 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈島観光 南原千畳敷から見る八丈小島

最終日の午後は雨が止んで少しだけ晴れ間も。
滞在中は山と温泉ばかりだったので、島内をぐるっと1周してみました。

海沿いの観光スポットといえば南原千畳敷。
1605年に八丈富士が噴火したとき流れ出した溶岩が固まった場所で、海沿いの長さ500m×幅100mという広範囲に渡り、まるで他の惑星みたいな荒涼とした景色が広がっています。

c0148812_07501697.jpg
駐車スペースから海岸に向かって歩いてみます。
冷えて固まった溶岩が約400年もの間、波風に侵食されてこうなったそうです。


c0148812_07501686.jpg
そしてココは八丈小島を眺める絶好のスポットでもあります。
過疎が進み1969年に住人がすべて離島し、徐々に自然へ戻っている小さな無人島。


c0148812_07501775.jpg
この日は日曜日だったので観光客もそれなりにいました。
後から知ったんですが夕日がキレイに見えるスポットとしても有名らしいですね。


ココは広角レンズを持っていけばよかったなぁ。
ヒコーキ用の100-400㎜しかなかったのが悔やまれます。
ていうかヒコーキ以外は全部iPhoneなんだった(笑)。




[PR]
by mavericksracing | 2018-10-05 08:09 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈富士から八丈島空港を見下ろして

メジャーな撮影ポイントといえばココ?
八丈富士の中腹にあるいくつかの展望台から空港を一望できます。



c0148812_15343526.jpg
進入はすべてRW26の方向から。
こんな絵が誰でも撮れるのは素晴らしい。


c0148812_15343584.jpg
定期便は1日3回で航空会社はすべてANA。
コレはイチバン高い位置にある展望台からの撮影。


c0148812_15343599.jpg
平地の少ない島なので必然的に市街地の上を通過します。
次に行くときは街から八丈富士をバックに撮ってみたいなぁ。


c0148812_15343560.jpg
撮影したのはすべてお昼の便でした。
朝は面倒だし夕方は暗いので仕方ない(笑)。


c0148812_15343678.jpg
そして折り返しの離陸シーン。
後ろに写ってるのは八重根港でいいのかな?



山は雲がかかりやすいようで、撮影できたのは2回のみでした。
やっぱり南の島とは相性がよくないらしい(笑)。




[PR]
by mavericksracing | 2018-09-29 07:45 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

八丈島空港でヒコーキの最小回転半径を実感してみる

せっかくカメラを持って行ったので空港での撮影も。
といっても1日に3便しかないし、ほぼ雨降りということで少しだけ。


c0148812_11160691.jpg
空港を見下ろせる展望台は雲のなか。
なので無難に展望デッキから撮ってみました。


c0148812_11160668.jpg
そういえば八丈島空港って誘導路がない。
到着したときは爆睡してて気付きもしなかった。


c0148812_11160635.jpg
なので滑走路の上で方向転換。
トラフィックの多い空港じゃできないよね。


c0148812_11160661.jpg
めっちゃ小まわりが効いてビックリ。
最小回転半径ってどれくらいなんだろう?


c0148812_11160649.jpg
アッという間にUターン完了。
地元じゃ見ない動きだけに新鮮でした(笑)。


c0148812_11160603.jpg
余談ですが展望デッキに出るフロアの窓。
このテーピングって割れたときの飛散防止なのかな。



調べてみると撮影ポイントは他にもいくつかある模様。
着陸のアプローチが逆方向からであれば八丈小島と絡められる?




[PR]
by mavericksracing | 2018-09-28 11:34 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)