人気ブログランキング |


アメリカ、モータースポーツ、旅、アウトドア……ライフワークを色々と雑多に。


by mavericks66

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

LINK

お気に入りブログ

day by day
『趣味が高じて…』  ~...
DRAGONPRESS2

最新のコメント

初めまして! コメントあ..
by mavericksracing at 08:11
はじめまして、昨日ハイラ..
by A4商店 at 21:37
どちらも素晴らしいホテル..
by mavericksracing at 08:26
一択なんて言ってすみませ..
by zzyzx at 23:27
先日は乙でした( ・ω・..
by zzyzx at 23:18
たくろく様>先ほどYah..
by mavericksracing at 10:57
制作者に確認しておきます..
by mavericksracing at 09:13
iPhoneからの署名が..
by たーな at 14:28
私も県内の峠から仙台ハイ..
by mavericksracing at 10:25
自分にとってもホームコー..
by hide at 22:39

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

カテゴリ

アメリカ以外の旅行
アメリカ旅行
Route 66 × 66 Pics
東北660選手権
お仕事
飛行機
クルマ遊び
サーキット
レース
過去の愛車
その他

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
カメラ

画像一覧

<   2019年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

台北1日目 阿里山コーヒー・国家公園・5つ星ホテル!

昨日の夜から台北に来ています。
1日目で旅の目的は90%くらい完遂できた。
もう明日はホテルでダラダラ過ごしてもいいな(笑)。


c0148812_20073767.jpg
目的その1:最近ハマってる台湾コーヒーのまとめ買い
昨年の8月にも買いに来た西門町にある老舗のコーヒーショップ。
蜂大珈琲と南美珈琲で阿里山の豆やお店のオリジナルブレンドを購入。
いずれも50年を超える歴史を誇る名店で雰囲気もバツグンです。


c0148812_20073740.jpg
目的その2:陽明山国家公園で軽くトレッキング
アメリカと日本に続き台湾の国立(国家)公園も制覇したいなと。
その手始めに台北からバスで1時間という近距離のココへ来ました。
公園内を循環バスでグルグルまわりメジャーなスポットをひととおり。


c0148812_20073843.jpg
目的その3:マンダリン・オリエンタル台北に泊まる
ラッキーが重なって人生初の5つ星ホテルに宿泊できました。
もはや驚きを超えて乾いた笑いが出るレベルのゴージャスさです。
今日イチバン写真を撮ったのは国家公園じゃなく部屋だったり。


残る目標は台北のアウトドアショップ巡り!
午前中はホテルでのんびり過ごし、昼メシがてら出かけましょうかね。
こんな部屋を寝るだけで済ませたらもったいなくてバチが当たりそう(汗)。

by mavericksracing | 2019-05-31 20:20 | アメリカ以外の旅行 | Comments(0)

0529仙台空港 雨上がりの夕方はまさかの酷寒w

昨日の雨は天気予報どおり午前中で上がりました。
それを見越して早めに自宅で仕事を始め、昼すぎには落ち着いたので仙台空港へ。

雨と風が熱気をどこかへ持ち去ったのか、30℃超えの先日がウソみたいな寒さ。
たぶん知り合いに会わなければ早々に撤収していたんじゃないかと思います(笑)。


c0148812_21392905.jpg
かさ上げ道路で視界の抜けが悪くなっちゃった。
海沿いの防潮堤からはどう見えるのかも気になるな。


c0148812_21393304.jpg
今日の夕方に乗るピーチの台北便。
昼くらいから空港あたりでブラブラ遊ぼうかな。


c0148812_21393646.jpg
しまじろうジェットは初飛来のとき撮ったっけ。
いまだに何のキャラクターなのかよく知らないけど(汗)。


c0148812_21393826.jpg
仙台空港で見るとやたら巨大に感じるB767。
秋にはもっと大きいB777がタイ航空の定期便で就航するらしいので楽しみ。


c0148812_21394042.jpg
B767の上がりを待って丘に移動。
海風を遮るモノがないから余計に寒い!


c0148812_21394376.jpg
太陽とは被らなかったけどコレはコレで。
スペマだし雲はキレイだしベイパーは出てるし。


今日は夕方の便で台湾へ行ってきます。
ホテルが松山空港の目の前だし部屋から撮影できるかな?

by mavericksracing | 2019-05-30 07:17 | 飛行機 | Comments(0)

2014年のアメリカ横断+αを振り返る52 砂嵐を避けアリゾナ州へ

iPhoneに届いたダストストームのアラート。
モニュメント・バレーから早めに撤収、南へ向けてクルマを走らせます。
幸いなことにダストストームは別の方角へ逸れたらしく、夕日を受けて不気味に染まった砂煙を遠目に見るだけで、何の問題もなく目的地であるアリゾナ州Holbrookに到着。

ココにも泊まること自体が目的になる宿があります。
インディアンの住居を模した円錐状の個室が並ぶウィグワム・モーテルです。

映画『Cars』に登場するモーテルはコレがモデル。
Route 66を旅する人にとっては必ず訪れたいスポットのひとつでしょう。


c0148812_21214081.jpg
確か初めて泊まったのは2011年3月、ChicagoからLAに戻る途中だったはず。
パスポートを見たフロントの女性に「ウチの子供は毎日ミソ・スープを飲んでる」と言われ、話が盛り上がり奥の部屋にあるRoute 66関連の貯蔵品を見せてもらいました。
やっぱ最初の印象がいい宿は何度でもリピートしちゃいますね。


c0148812_21214249.jpg
ライトアップされた客室がいい雰囲気。
ちなみにカリフォルニアのRoute 66、San Bernardinoにも同じ名前と客室のモーテルがあり、昔はどうだったか知りませんが現在は経営もまったく別のようです。


c0148812_21214416.jpg
室内の設備やアメニティは一般的なモーテルと同等。
エアコンは効くしバスタブこそないもののシャワー完備、このときはWi-Fiがなかったけどモバイルルーター持参なので問題ありません。


c0148812_21214747.jpg
長時間のドライブで疲れたので夕食は部屋でサクッと。
斜め向かいにはスーパーマーケット『SAFEWAY』があり、どっかで見たことがあるマークのカップラーメンと、デザートにアメリカらしいサイズの巨大イチゴを購入。
マルちゃんと日清のインスタント麺はアメリカでも当たり前に売っています。


c0148812_21214943.jpg
最後になったけどダストストームはこんな感じです。
赤く染まった砂嵐のなかで雷が光る様はなかなかの迫力。


そういや自分がFacebookを始めたのもこの宿での出会いがきっかけ。
友人どうしで旅行中だったふたり組の女性に「写真を撮って」と頼まれ、せっかくの縁だしFacebookで友達になろうと言われたけど、当時は登録すらしていませんでした。

すると「今ココで始めなさい!」と(笑)。
楽しいツールを教えてもらい感謝してます。m(_ _)m


当日に書いていたBlogはコチラ。

by mavericksracing | 2019-05-29 06:46 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2014年のアメリカ横断+αを振り返る51 気象急変により即時撤収

ユタ州の絶景を巡る1日の締めはモニュメント・バレー!
西部劇の舞台といえば誰もが想像するあの風景、日本でもバツグンの知名度を誇る観光スポットで、個人的にはグランドキャニオンと双璧をなしていると思っています。

ただね……今回はミューリー・ポイントという想像を絶する景色を見てしまい、ぶっちゃけお腹いっぱいになっていたのも事実で、疲れもそれなりに溜まっている状況でした。

どうせバレー内の宿は満室に決まってるし、Route 66まで戻る体力も残しておきたい。

低いテンションに追い打ちをかけるように、iPhoneから聞いたことのない警報音が。
当然ながらメッセージはすべて英語ですが、ThunderとかStormとか不穏な単語ばかり。

南から雷を伴う砂嵐が近付いており、さっさと避難しなさいとのご指示。
コレで完全に心が折れてしまい、堪能するのは次回でいいかなと。
ま、翌年はこのあたりを中心にまわる計画があったのでなおさら。


c0148812_20162796.jpg
というワケで初のモニュメント・バレーはほぼ通過のみ(笑)。
ホテル併設のギフトショップにトイレ休憩を兼ねて寄っただけでした。
それでも「コレぞモニュメント・バレー!」的な風景は十分に堪能できたかな。


c0148812_20162915.jpg
c0148812_20163125.jpg
c0148812_20163406.jpg
いずれも路肩にクルマを停めて車内から撮っただけ。
ぶっちゃけバレー内のビュート(孤立丘)かどうかも知りませんが、そんな些細なことはどうでもいいと思っちゃうくらい、素晴らしい風景がそこらじゅうに広がっています。


c0148812_20163684.jpg
ただしボケーっと運転していると危ないのが牛や馬。
タグが付いているので家畜であることは間違いないけど、牧場(?)には柵なんてないのでフツーに道路を横断するし、道路脇で爆睡している警戒心のないヤツまでいました。
轢いたりしたらクルマも大破するのは確実、くれぐれもよそ見しないで走りましょう。


c0148812_20163966.jpg
正式名称は『Monument Valley Navajo Tribal Park』といいます。
看板のデザインから分かるとおり、国立公園や国立モニュメントじゃありません。
この一帯はナバホ族の居留地である程度の自治が認められ、独自の国旗や法律などを有する独立国家みたいな存在で、モニュメント・バレーは彼らにとっての聖地です。


ナバホ居留地の法律で有名なのは、お酒が売買も含め禁止ってこと。

よくモニュメント・バレーに行こうとしている人から、「ホテルに酒を持ち込んで飲めますか? 見つかったらヤバいですか?」と聞かれますが、自分の答えは毎回こうです。

「剛に入れば郷に従え」

1日くらい飲まなくたって死ぬワケじゃあるまいし、その場所が好きで行くならそこのルールは守るべき、酒のほうが大事なら隣のkayentaに泊まって好きなだけ飲めと。

モニュメント・バレーの宿は景色もホント素晴らしく、お酒の力なんて借りなくても十分に楽しめるし、自分のせいで日本人のイメージを落としたくもないですからね。

さて、刻一刻と砂嵐が近付いているようなので、そろそろ退散するとしましょうか。

当日に書いていたBlogはコチラ。
アメリカ横断中! 〜15日目〜

by mavericksracing | 2019-05-28 06:30 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2014年のアメリカ横断+αを振り返る50 モニュメント・バレー近隣の絶景をいくつか

言葉を失うほどの絶景、ミューリー・ポイント。
モニュメント・バレーという世界的に有名な観光地があるのと、アクセスが最悪なせいで旅行会社のツアーにも組み込まれず、日本ではかなりマイナーなスポットといえるでしょう。

それにモニュメント・バレーの近くには他にも魅力的な絶景がいくつか。
往復に時間がかからずサクッと見学できるので、ミューリー・ポイントまで行く余裕がなければ、コチラだけでもアメリカ西部らしい風景は十分に味わえるかもしれません。


c0148812_06281864.jpg
まずはグースネック州立公園。
サン・ファン川が雁の首のように蛇行している地形です。
似たような場所としてホースシュー・ベンドがありますが、コッチは3回も折れ曲がっているのでより雄大に感じるし、ほとんど歩かなくていいので体力的にも楽。


c0148812_06282147.jpg
崖から川までの落差は約300mとか。
訪れたタイミングがよかったのか、駐車場にはクルマが1台もナシ。
とはいえミューリー・ポイントと違い舗装されているし、トイレもあって“世界穂果て”感は少なかったかな、今回に限っては人間の痕跡が何となく安心感を与えてくれます。


c0148812_06282412.jpg
続いてはメキシカン・ハット。
名前の由来は説明しなくてもイメージできると思います(笑)。
そして風雨で削られるより先にちょっとした地震で崩落するんじゃないかと心配。


c0148812_06282661.jpg
下に誰かのお墓が建てられていました。
ココで亡くなったというよりはこの風景が好きだった人なのかな?
ちなみに近隣には同じMexican Hatという名前の街、というか村ですらない30人ほどの小さな集落(CDP)があり、モーテルやカフェやガスステーションが営業しています。
モニュメント・バレーが近いしそこそこ観光客は来るのかも。


c0148812_06283048.jpg
時間の都合で入口までしか行かなかったバレー・オブ・ザ・ゴッズ。
検索するとモニュメント・バレーに近い地形のようですが、コチラはマイナー(?)なせいか観光客も少なく、また未舗装路なので一般的な観光ルートではないのかも。


c0148812_06283217.jpg
どうやら内部にB&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)があるらしい。
トリップアドバイザーなどを見るとかなり高評価だし次は泊まりで撮影したいなぁ。


さて、次はいよいよモニュメント・バレー。
グランドキャニオンと一緒であまりにも有名すぎるため、今まで積極的に行こうとしていなかった場所で、じつは今回の旅で訪れるのが初だったりするんです。

当日に書いていたBlogはコチラ。
アメリカ横断中! 〜15日目〜

by mavericksracing | 2019-05-27 08:05 | アメリカ旅行 | Comments(0)

0526仙台空港 疲労困憊につき定点観測w

出張から戻ってシャワーで汗を流した後は仙台空港。
疲れた(ほぼ飲み食いでw)ので望遠レンズを持つ気すら起きず、標準レンズ1本だけ持って場所もまったく動かず、いつも会うお友達のみなさんと話しながら夕焼け待ち。

それにしてもコッチは涼しくてビックリでした。
昨日から那須高原におり東北道で帰ってきたんだけど、お昼ごろ吾妻PAから少し手前にある温度計を確認したら、39℃なんて信じられない数字が表示されておりビックリ。

まだ5月なんですけどね……去年と同じ猛暑になるのかなぁ。

というワケで橋のたもとで定点観測した結果を(笑)。


c0148812_19473748.jpg
c0148812_19473985.jpg
c0148812_19474167.jpg
c0148812_19474380.jpg
c0148812_19474599.jpg

たぶん時系列どおりに並んでいるはず。
あと少し待てばもっとキレイに焼けたかもしれませんが眠気が限界に達し帰宅。

すっかり忘れていたけど明日も用事があって午前中から外出だったり。
あー爆睡する前にスケジュール帳を再確認してよかった(汗)。

それではお会いしたみなさん、また次回……はいつになるかな?

by mavericksracing | 2019-05-26 20:02 | 飛行機 | Comments(0)

0524仙台空港 いつもの時間帯にいつもの場所でw

昨日は用事を早めに済ませ夕方前から空港へ。
思ったより空が焼けたので日没まで長居しちゃいました。
よく考えるとヒコーキよりキジのほうが多く撮っていたり(笑)。

ココんとこ毎日バタバタで遊びの撮影をする余裕ナシ。
来週はそれなりに余裕があるので野外コーヒーでもしたいなぁ。
というワケで本日もこれから遠出、明日の夕焼け前には戻れるかな?


c0148812_21190950.jpg
c0148812_21191139.jpg
c0148812_21191219.jpg
c0148812_21191492.jpg
c0148812_21191742.jpg

by mavericksracing | 2019-05-25 06:44 | 飛行機 | Comments(0)

2014年のアメリカ横断+αを振り返る49 恐怖!ミューリー・ポイント

まるで違う星と勘違いしそうな絶景だらけのアメリカ西部。

「アメリカの歴史は地球の歴史」って謳い文句どおり、何千年どころか何億年もかけて作られた大自然に触れると、いい意味での諦観や悟りのようなモノが身に付くかもしれません。

決してそれだけが直接的な要因じゃないにせよ、自分が「緩く生きよう」ってライフスタイルに変化したのは、アメリカの壮大な風景に出会ってからだと思います。

さて、そんな絶景でも自分のなかでトップ3に入るスポットがココ。
ユタ州の南東部にあるミューリー・ポイントです。


c0148812_07531518.jpg
正直いってグランドキャニオン以上のインパクトでした。
色彩は単調かもしれないし観光地として整備されているワケでもなく、ぶっちゃけアクセスは最悪といえる場所にもかかわらず、自分にとっては妙に心を惹かれる場所なんです。


c0148812_07531858.jpg
教えてくれたのはアメリカ旅行の大先輩。
当時は紹介されたばかりでSNSでのお付き合いだけでしたが、自分がアメリカ横断中であるのを知ってくれたらしく、「ココは絶対に行ったほうがいいよ!」との連絡が。
そこでエル・ランチョ・ホテルからアリゾナ州へ入るのを少し遅らせ、西部劇の舞台として知られるモニュメント・バレー方面へを迂回します。


c0148812_07532253.jpg
その方から“酷道”とは教えてもらっていたけど、聞きしに勝る過酷な道。
舗装じゃないのは当然としてガードレールもなく、上に行けば行くほど道幅が狭くなっていくうえ、ヘアピンのコーナーだらけで対向車なんて見えるはずもない。
そのうえカーブミラーもなければすれ違えるだけの道幅もない。
写真のあたりは全然マシなほうです、撮影する余裕があるくらいだし。


c0148812_07532597.jpg
シーダー・メサという名前の断崖をひたすら登り続けます。
それにしても対向車が1台も来ない、というかどんだけマニアックな場所(汗)。


c0148812_07532731.jpg
待避所があったのでクルマを停めて少し休憩。
手がイヤな汗をかいているし、身体も緊張しすぎてバキバキ。
運転は国内外とも慣れているし技術だって人並み以上とは自負していますが、それでもこの道(後で調べたらモキ・ダグウェイという名前でした)は恐怖しか感じません。

c0148812_07533063.jpg
ようやく三国志に出てくる蜀の桟道みたいなのが終了。
と思ったら今度はスタックしやすそうな目の細かい砂に変わり、かつクロカンじゃないとヤバそうなアップダウンが連続、まったく最後の最後まで苦しめてくれる道です。


c0148812_07533326.jpg
登り始めて1時間くらい、ようやく頂上に到達。
駐車場なんてあるはずもなく、適当にクルマを停めて散策を。
といっても歩き回れる範囲は決して広くないし、国立公園のような案内板や地図も一切なく、崖っぷちには柵もなく峡谷からは時おり強い風が吹き上げてきます。


c0148812_07533669.jpg
こんなところで滑落したら遺体も回収できないよな……。
人間どころか動物の気配すらまったく感じないせいか、絶景に対しての感動よりも世界の果てでひとりぼっちになったような、寂しさが入り混じった恐怖すら覚えてしまう場所。


c0148812_07533946.jpg
亀裂の入った巨岩。
下を覗くと隙間にキヤノンのレンズキャップが。
人間の痕跡を見つけただけでも何だか心強くなってしまう。


c0148812_07534244.jpg
はるか遠くに見える奇妙な岩たちはモニュメント・バレー。
直線距離にして約30㎏、空気が澄んでいるのでクリアに見えます。


もっともっとココで時間を過ごしたいのは山々ですが、街灯もなくヘッドライトだけを頼りにあの道を下るのは、自殺行為にしか思えないのでそろそろ撤収するとしましょう。

夕日や朝日も凄いんだろうな……そうだ、キャンピングカーで来て泊まればいい?
いやちょっと待て、あの道をキャンピングカーで走るのは絶対イヤだ(笑)。


当日に書いていたBlogはコチラ。

by mavericksracing | 2019-05-24 08:52 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2014年のアメリカ横断+αを振り返る48 名優たちの定宿へ

このあたりは泊まりたい宿ばかりで嬉しい悲鳴。

宿が決まっていると昼間の行動が制限されるから好きじゃないんだけど、そこに泊まることも目的のひとつなので妥協するしかない、そう思えるくらい素敵な宿が多いんです。

そんなお気に入りの宿のひとつがココ、Gallupのエル・ランチョ・ホテル。

たぶん今回の旅がスタートしてから初のモーテルじゃなくホテル(笑)。


c0148812_19154938.jpg
オープンしたのは1937年、外観からして雰囲気あるでしょ?
当時このあたりは西部劇のロケが盛んに行なわれており、それに出演する俳優や製作に携わるスタッフたち、彼らを宿泊させるために建設したのが始まりだそうです。


c0148812_19155342.jpg
c0148812_19155554.jpg
吹き抜けになったロビーは開放感バツグン。
カーペットなど内装にはインディアンの工芸品が多く使われ、フロントのカウンター前には超巨大なアメジストが、コンパクトながら豪奢さはさすがスターたちの定宿って感じ。


c0148812_19155888.jpg
c0148812_19160079.jpg
壁には宿泊した俳優たちの写真が飾られています。
年代的にさほど西部劇に詳しくない自分ですら名前を知っている人がたくさん。
John Wayne、Kirk Douglas、Humphrey Bogart、つい先日に亡くなったDoris Day、日本では俳優としてより大統領として知られるRonald Reaganなどなど。


c0148812_19160382.jpg
古いだけに部屋はさほど広くはありません。
ただし清掃は隅々まで行き届いており、エアコンやTVなどは最新式です。
当時はネットが館内じゃ使えなかったけど、さすがに今は対応するようになったかな?


c0148812_19160606.jpg
館内で見つけたかなり昔のタバコの自動販売機。
中に商品が入っているのでおそらく今でも使えるはず。
よ左のコインを入れる機械はいかにも後付けだし新しいですモンね。


c0148812_19160970.jpg
面白いのは部屋ひとつひとつに俳優の名前が付いていること。
今回はLorraine Dayって人らしいけど……検索しても情報が出てきません。
ヒットするのはDr. Lorraine Dayと医療関係者っぽいし年代もビミョーに違う。
俳優で年代が一致するのはLaraine Day、スペルを間違っているんでしょうかね?


ちなみに館内には雰囲気のいいレストラン、敷地内にはモーテルも併設しています。
ホテルのほうは部屋数もそんなに多くないので、満室のときはモーテル(コッチはWi-Fiが飛んでました)に泊まり、撮影や食事をホテルでというのがいつものパターン。

さて、アリゾナ州はもう目と鼻の先。
でも翌日はまたまたRoute 66を外れ、凄まじい景色を拝みに行ってきます。

アメリカ旅の大先輩が「絶対に行くべき!」と教えてくれた、日本じゃほとんど知られていないほどマイナー、だけどそこいらの国立公園も顔負けの光景が広がっていました。

というワケで次回は畏怖すら覚える大絶景、ミューリー・ポイントについて。


当日に書いていたBlogはコチラ。

by mavericksracing | 2019-05-23 06:13 | アメリカ旅行 | Comments(0)

2014年のアメリカ横断+αを振り返る47 標高1500mのピクニックエリア

そういやホワイトサンズに行く途中でこんなとこも寄ったっけ。

Albuquerqueから南に向かうインターステート25号線、遠くに見える山がキレイなので停まって写真でも撮りたいな、と思っていたらタイミングよくレストエリアが出現。

看板を見ると『Rio Salado Sand Dunes Rest Area Southbound』という名前で、歴史や景観の美しさによりニューメキシコ州から公認されたスポットらしい。

コチラがSouthboundなので対向車線にはNorthboundがあるようです。


c0148812_17432028.jpg
清潔なトイレを備えたピクニックエリア。
標高が4850フィート(約1500m)もあるので朝は空気がひんやり。
それでもAlbuquerqueよりは100mくらい低いんですね。


c0148812_17432228.jpg
たぶん山の向こうがホワイトサンズ・ナショナルモニュメント。
Googleアースで調べると山は1800〜1900mくらいの高さらしい。
道路が延々と緩く下っているせいかもっと高く感じちゃいますね。


c0148812_17432483.jpg
ピクニックエリアはちょっと変わった底上げ(?)式。
理由は多くの人が想像できるとおり、ガラガラヘビを避けるためです。
さらに強烈な紫外線から身を守るため屋根まで設けられています。


c0148812_17432513.jpg
ココと同じ『オフィシャル・シーニック・ヒストリック・マーカー』はいくつもあるらしく、それぞれの名前や位置関係などを説明する看板も置いてありました。


c0148812_17432700.jpg
近くにあった超ローカルなガスステーション。
アメリカの旅を始めた初期はなかなか足を踏み入れにくかったけど、このころにはどんな場所でもズカズカ入り込む度胸がついてました(笑)。

さ、この日の旅もそろそろ終了。
宿はアリゾナとの州境に近いGallupにあるエル・ランチョ・ホテルです。


この日に書いていたBlogはコチラ。

by mavericksracing | 2019-05-22 06:39 | アメリカ旅行 | Comments(0)